脊椎矯正とカイロプラクティック

二つが可能だ」と明言した。

 生鮮食品には精米も含まれる。

これまで線引きの困難さなどを理由に、対象を精米に絞るなど極めて限定すべきだと主張してきたが、幅広い飲食料品への適用を求める公明党に譲歩した形だ。

精米のみだと400億円で大きな開きがある。

自民党税制調査会の宮沢洋一会長は11日、2017年4月の消費税率10%時に導入する軽減税率について、生鮮食品の適用を事実上、容認する考えを示した。

 宮沢氏は、軽減税率に関する与党税制協議会の検討委員会の後、記者会見で「精米という極めてはっきりした線がある。

もう一つ、生鮮食品という線がある。

仮に8%の軽減税率を適用すると、年間の軽減額は3400億円と推計される。

ローソンなど全国約1万1100店の加盟店などで買い物の際にポイントが付与され、支払いに利用できる。

ドコモは従来の「ドコモポイント」の利用を他社にも広げる「dポイント」を12月1日にスタート。

対応店舗は順次拡大する。

12月1日から来年3月末まで、全国3000店のマクドナルドで、支払いの際に「dカード」などドコモのクレジットサービスで「iD」決済を利用すると、請求時に3%割り引く。

4月以降も特典を用意する予定という。

 また同日から、都内の約100店舗でdポイントへの対応を始める。

支払時に「dポイントカード」などを提示することでdポイント(100円ごとに1ポイント)が付与され、支払いなどに利用できる。

アメリカのオバマ大統領は10月中旬、アフガニスタン撤収計画を見直し、次期大統領就任後の2017年以降も米軍を5500人程度駐留させると表明しました。

2012年の自らの再選の公約としてオバマ自身が掲げた任期中の米軍のアフガン撤退が結局、実現しなかったことになります。

今回の撤収計画の見直しの背景には何があるのでしょうか。

アフガニスタン戦争は2001年から14年以上にわたるため、既に「アメリカの最長の戦争」となっており、今回の見直しでさらに長引いていくことになりました。

国立公園化には、戦争や核兵器を美化するのではないかといった懸念が日本の被爆者などから寄せられていたが、アメリカ内務省は「歴史を変えた出来事を忘れずに、学ぶため」だと強調している。

 国立公園として開設された「マンハッタン計画国立歴史公園」は、原爆開発の中心となったニューメキシコ州ロスアラモスなど、3つの州の施設を1つの公園とする異例の形式。

現在、施設の訪問には制限もあるが、数年をかけて来場者への公開の範囲を広げる方針。

ジュエル内務長官「何が起きたかを全ての側面から伝え、教訓を反映し、今後さらに賢明な決断をするために、振り返るのを恐れないことを願う」 内務省などは来年関係者から意見を聞き取り、展示の方向性などを文書にまとめることにしている。

アメリカ政府は10日、第2次大戦中にアメリカが原子爆弾を開発した「マンハッタン計画」の関連施設を国立公園として正式に指定し、所管する閣僚らが署名式を行った。