カイロプラクティック・整体と骨盤矯正

Posted by niwatoridasi01 on 2016年7月31日 in 未分類 |
カイロプラクティック カイロプラクティック カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、ウェストに痛み炎症などを感じ取る状況を指す一般的に使用される語句。
NO.2
世界の腰痛事情。
国は地域で行政や学会の方針文化や暮し、しきたりが違っていても腰(こし)の疼痛の発症の頻度は、おおむね変わりないのである。
世界保健機関(WHO)の資料では次のように記載されている。
「腰部(ようぶ)の症状の発症する確立や有病率はおのおのの土地のたくさんの場所でおおよそ同じです。
腰部(ようぶ)の症状は仕事を休む理由の筆頭である」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰(こし)の病気の症状の原因は体の姿勢にあるとの昭和51年のナッケムソンの発言以降、ヨーロッパでは就労中・家事などの対策が行われている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年のヨーロッパ委員会の腰の症状診療ガイドラインでは、ヨーロッパでの腰の症状の一生のうちでの発症確立は84%で、有病割合は23%になります。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国でも、数多くの患者の腰部(ようぶ)の疾病は、要因を特定できない原因不明の腰痛です。 この点についてナッケムソンは明確な学会の問題を指摘されています。 米国は、腰(こし)の痛みによって12ヶ月間に日本円で1000億円以上が医療費として使われているとされている。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本でも腰部(ようぶ)の疾患が有訴者率トップ(最多の症状)であり、わが国民の80パーセント以上が生涯において腰部(ようぶ)の病気を体験している。 大半の人は腰の病気を訴えているが、レントゲン・MRI診断で病変部位が認められないことも普通にあります。 異常が特定された時でもその病変が腰(こし)の病気の原因とは限らず、腰(こし)の疾病の人の8割は損傷場所の、特定されていない(原因不明の腰痛)。
ブログブログブログ



ブログ
ブログ
カイロプラクティック

Copyright © 2015-2019 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.