骨盤矯正とカイロプラクティック(手技療法)

Posted by niwatoridasi01 on 2016年7月30日 in 未分類 |
カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰部(ようぶ)に疼き、炎症などを覚える様を指し示す言葉。
NO.2
世界の腰痛事情。
場所によって行政の施策、文化や暮らし、習わしが異なっていても、腰(こし)の病気の発症の度合いはだいたい一定である。 WHO世界保健機関の報告では、以下のように言っている。 「腰の病気の発症する確立や有病率は、世界のあらゆる場所でおおよそ一定です。
腰の痛みは、世界中で仕事を休む理由のナンバー1」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰部(ようぶ)の疼痛の原因は、身体の姿勢にあるとの1976年のナッケムソンの提言以降、ヨーロッパでは仕事中・家事労働中などの予防対策がされている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年のヨーロッパ委員会の腰部の疼痛診療ガイドラインでは、ヨーロッパでの腰部(ようぶ)の疾病の一生のうちでの発症の頻度は84%で、有病割合は23%です。
NO.5
米国での腰痛事情。
アメリカおいて、おおくの人の腰部(ようぶ)の疾病は原因をつかめない非特異的腰痛です。 この内容に関して、ナッケムソンは歴然たる学会の問題点を指摘されています。
米国では、腰痛(ようつう)により12ヶ月間に日本円で1000億円以上が医療費として使われているとされています。
NO.6
日本の腰痛事情。
日本でも腰(こし)の疾病が自覚症状のある患者の比率で第一位(最多の症状)で、国民の8割以上が腰部の症状を経験する。 多くの人は腰部の痛みを訴えているが、エックス線・MRI診断で要因が見当たらない場合も多くあります。 異常個所が箇所が見付かるときもその異常個所が腰(こし)の痛みの要因でない場合もあり、腰(こし)の疾患患者の80パーセントは原因部分の、はっきりしない(原因を特定できない腰痛)。
ブログブログブログ



産後の骨盤調整 .
産後の骨盤調整 .
産後の骨盤調整 .
産後の骨盤調整 .
産後の骨盤調整 .
脊柱側彎症を改善する .
肩凝り(肩こり)を改善するカイロプラクティック .

Copyright © 2015-2019 All rights reserved.
This site is using the Desk Mess Mirrored theme, v2.5, from BuyNowShop.com.