整体と脊椎矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

整体

整体とは、日本語では一般的に手技(しゅぎ)を用いた民間療法(みんかんりょうほう)代替医療(だいたいいりょう)を指す言葉です。

また肉体を整える療法(りょうほう)全てに対してもちいられる言葉。

日本語としては大正時代に使われるようになった用語で、アメリカ(米国)で誕生した手技療法・整骨医術を整体と訳したのが始まりだと言われています。

今現在、ふつうに使われる意味では、カイロプラクティック(Chiropractic) に似た脊椎矯矯正術(主に背骨)を目的とした治療法を指して用いられる場合がおおい。

脊椎・骨盤・四肢など、肉体全体の骨格や関節のズレの調整、骨格筋の調整を、手を使った手技(しゅぎ)と補助道具でおこなう技術及びその方法を表してしるという人もいるが統一された体系は無い。

徒手的治療法により色々な疾病を治すことを目的とする療法はマニピュレーションと総称されるが、この代表といえるのが「カイロプラクティック」 (Chiropractic) ・オステオパシーです。

治癒力(ちゆりょく)を活性化することと手技療法が施術の中心であるという共通の部分があるが、セラピー哲学や着手の方法は異なります。

どちらも19世紀にアメリカで生まれた治療方法であります。

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)は脊椎の椎間関節の「サブラクセーション」(亜脱臼)を手で矯正アジャストし、身体の不調を回復しようとする施術

オステオパシー (Osteopathy)は肉体の骨格のアンバランスは血液やリンパ液の循環に悪い効果をあたえ、神経の伝達や内分泌、体液の循環を妨害すると考え、背骨だけでなくすべての筋繊維や骨格、内臓諸器官、頭蓋骨が治療方法の対象となります。

脳脊髄液の流れの回復やリンパ液の循環の改善も目的とされています。

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 又は「オステオパシー」の理論・技法は、整体(せいたい)や指圧(しあつ)などの日本の手技療法に影響をあたえた。

整体(せいたい)に定められたやり方は無くやる人によって施術することは異なります。

大正のころに日本に伝わったオステオパシーカイロプラクティック(脊椎指圧療法)などの西洋より伝来の治療法を中心とする整体、日本武術の柔術骨法(こっぽう)などの流派に伝承される徒手矯正を使った整体、中国医学の手技を用いた整体、団体の独自の治療法など加味した整体(せいたい)などが存在する言われています。

民間療法で、医療制度から見て補完代替医療の一つであるが、保険適用外ですので、通常医療と同時に病院で治療として用いられることはない。

法律からは医業類似行為の一つとされています。

「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法(せいたいほう)」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも言われています。

明治頃に現れた民間療法で、指圧、「カイロプラクティック」 (Chiropractic) オステオパシー、光線治療、電気治療などの方法で保険治病の目的で業をなすことを「療術」というが、整体(せいたい)もこの一種とされた 。

整体(せいたい)は、理論・技術共に統一されていないため、整体を冠する療法家が自説を語っている。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) のような「科学的」・物理的施術と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療でときどきに使われる「内臓体壁反射」などの論理の混合形となっている。

体全体の各関節(脊柱・骨盤(こつばん)・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・顎関節等)の歪み(ゆがみ)・ズレの調整と骨格筋のバランス調整などを中心に手足による手技(道具を使うことも)で行う施術です。

ブログ
ブログ
カイロプラクティック

整体・カイロプラクティックと背骨矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

整体

整体(せいたい)とは日本語では主に手技を使った民間療法(みんかんりょうほう)代替医療を表す言葉。

また身体を整える施術方法(せじゅつほうほう)の多くに用いられる言葉です。

日本語として、大正時代に用いられ始めた言葉でアメリカ(米国)で体系づけられた療法・オステオパシー(整骨医学)を「整体(せいたい)」と翻訳したのが始まりのようです。

今、ふつうに用いられる意味では、「カイロプラクティック」 (Chiropractic) に似ている背骨矯正術(主に背骨・骨盤)を目的とした治療法を指して用いられる場合が多い。

脊椎・骨盤・上肢・下肢など、肉体全体の骨格や関節のズレの矯正、筋肉の調整などを、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と補助器具で行う技術及びその方法を示しているという意見もあるが統一された形態は無い。

徒手的療法により多種多様の病状を治すことを目指す療法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表的なものが「カイロプラクティック」 Chiropractic と「オステオパシー」です。

治癒力を活かすことと手技が治療の中心であるという共通部分があるが、治療の哲学や着手の仕方は違います。

どちらも19世紀に米国で体系づけられた施術です。

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は背骨の関節の「サブラクセーション」(不全脱臼)を手技によって調整アジャストすることで、肉体を自然回復させようとする施術

オステオパシーは肉体の構造の異常は体液の循環に悪い影響を及ぼし、神経伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を阻害すると確信し、脊椎だけでなく全ての筋肉繊維や骨格、内臓諸器官、頭蓋骨が治療の対象とします。

脳髄液の流れの改善やリンパの循環の改善も目的とされています。

カイロプラクティック Chiropractic 又は「オステオパシー」の理論・技術は、整体や指圧(しあつ)といった日本の手技治療に影響を与えました。

整体に決められた手順は無くやる人によってすることは異なる。

大正の頃伝わったオステオパシーカイロプラクティック(背骨矯正術)などの欧米伝来の手技療法を中心とする整体、日本古来の格闘術の柔術(じゅうじゅつ)骨法(こっぽう)などの流派に伝わる手技療法を使った整体(せいたい)、中国医学の手技を用いた整体、団体の独自の治療法など加えた整体(せいたい)などある言われています。

民間療法で、医療制度から見れば補完代替医療の一種であるが、保険の適応外ですので、通常医療と同時に一般の医療現場で補助療法として用いられることはない。

法律からは医業類似行為の一種とされています。

「整体術」・「整体法」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれています。

明治頃に出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティック(Chiropractic) 、オステオパシー (Osteopathy)、光線治療、電気治療などの手段で保険治病の目的で業をなすことを「療術」といいますが、整体もこの一つとされました 。

整体(せいたい)は理論・技術が共通でない為、整体(せいたい)を冠する療法家が自説を語っている。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) のような「科学的」・物理的治療と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で普通に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの論理の合わせたものとなっています。

身体の骨格の関節(背骨・骨盤・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・等)の歪み・ズレの補正と骨格筋のバランス調整などを主に手足を使った矯正法(道具は、補助として使用する)で行う治療である。

ブログ
ブログ
カイロプラクティック

骨盤矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

整体

整体(せいたい)は、日本語では普通手技を使った民間療法(みんかんりょうほう)民間療法代替医療(だいたいいりょう)を指す言葉。

また肉体を整える治療法(ちりょうほう)の多くに使用される言葉。

日本語としては大正時代に用いられるようになった言葉で、アメリカ(米国)で誕生した手技療法・オステオパシー(整骨医学)を整体と翻訳したのが始まりだと言われています。

現在、普通に用いられる意味では、「カイロプラクティック」 Chiropractic に似た背骨矯正(主に脊椎)を主目的とした施術法を指して使われることが多い。

脊椎・骨盤・四肢(上肢・下肢)など、からだ全体の骨格や関節のズレの調整、筋肉の調整を、手を使った手技(しゅぎ)と補助道具でおこなう治療及びそれらの方法を示しているという意見もあるが統一された形態はない。

徒手的療法により色々な疾病を改善することを目指す治療方法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表的なものがカイロプラクティック(背骨矯正法)・オステオパシー (Osteopathy)である。

自然治癒力(しぜんちゆりょく)を活性化することと手技療法が中心であるという似た部分があるが、治療の哲学や着手方法の方法は異なる。

どちらも19世紀にアメリカ(米国)で誕生した療法(りょうほう)です。

カイロプラクティック(背骨矯正法)は脊椎関節のサブラクセーション(亜脱臼、不全脱臼)を徒手的手技で調整アジャストメントして、疾病を回復しようとする施術法(せじゅつほう)

オステオパシー (Osteopathy)は体の骨格の歪みは血液の循環んに悪い作用をあたえ、神経の伝達や内分泌、血液・リンパ液などの循環を妨げると考え、脊柱だけでなくすべての筋繊維や骨格、内臓器、頭蓋骨が手技療法の対象となる。

脳脊髄液(のうせきずいえき)の循環の回復やリンパ液の循環の改善も目的としています。

カイロプラクティック・「オステオパシー」の理論・技法は整体(せいたい)や指圧(しあつ)といった日本の徒手矯正に影響を与えました。

整体に決められたやり方は無く治療する人によって施術する事は違います。

大正の頃に伝えられたオステオパシー (Osteopathy)やカイロプラクティック(脊椎指圧療法)などの欧米伝来の手技療法を中心とする整体、古武術の柔術や骨法(こっぽう)などの流派に伝わる施術を用いた整体(せいたい)、中医学の徒手矯正を取り入れた整体、団体の独自の施術方法など加えた整体などあるといわれています。

民間療法で、医療制度から見れば補完代替医療の一種ですが、保険の適応外ですので、一般の医療と共に病院で補助療法として使用されることはない。

法律からは医業類似行為の一種とされています。

「整体術」・「整体法」・「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも言われる。

明治頃に出現した民間療法で、指圧、カイロプラクティック(脊椎矯正術)、「オステオパシー」、光線治療、電気治療などの手段を用いて病気改善の目的で業となす行為を「療術(りょうじゅつ)」というが、整体もこの一種とされました 。

整体は、理論・術の両方とも統一されていないため、整体を冠する療法家おのおのが独自の説を語っています。

「カイロプラクティック」の様な「科学的」・「物理的」治療と、中医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で時々に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの理論の混合形となっている。

肉体の骨格の関節(背骨(せぼね)・骨盤(こつばん)・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・等)の歪み(ゆがみ)・ズレの調整と筋肉のアンバランスの矯正などを中心に手を使った技術(道具を使用することも)でする治療です。

カイロプラクティック
カイロプラクティック
カイロプラクティック

整体・カイロプラクティックと骨盤矯正

ブログ ブログ ブログ

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、ウェスト周りに疼き、発赤などを感ずる状態を指し示す一般的な用語。

NO.2
世界の腰痛事情。

国で学会の施策カルチャーや暮らしやしきたりが違っても、腰部の疾患の発症の比率は比較的同じである。

世界保健機関(WHO)の著述は、次項のように言っている。

「腰部(ようぶ)の疾病の発症する割合や有病率は各地域のあらゆる場所でほぼ同じである。

腰部の痛みは、世界中で仕事を休業する要因の一番である」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰(こし)の疼痛の原因は日常生活の姿勢にあると昭和51年のナッケムソンの発言以降、欧州では仕事中・家事などの予防が行われている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年の欧州委員会の腰部の疼痛診療ガイドラインによれば、欧州における腰部の病気の一生のうちでの発症の比率は84%で、有病率は23%です。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国では、大半の人の腰(こし)の痛みは、原因をはっきり示すことのできない原因不明の腰痛だと言うことです。

このことに関して、ナッケムソンは明確な学会の問題点を指摘している。

米国では腰の疾病によって12ヶ月間に日本円にすると1000億円以上が失われていると算出されています。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本国民においても腰の痛みが自覚症状のある患者の比率で第一位(最多の症状)であり、日本国民の8割以上が腰(こし)の症状を体験する。

多くの人は腰部の疾患を主張してもレントゲン・MRI診断で異常が見当たらないようなことも珍しくない。

要因が特定されたときもそれが腰痛(ようつう)の要因とはかぎらず、腰部(ようぶ)の疾患の人の80%は病原部分の分からない(非特異的腰痛)。

ブログブログブログ

ブログ
ブログ
カイロプラクティック

骨盤矯正とカイロプラクティック・整体(手技療法)

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、ウェスト部分に苦痛、炎症などを生じる病態を指し示す一般的な用語。

NO.2
世界の腰痛事情。

場所によって学会の方策、カルチャーや暮らし、仕来りが違っていても腰部の痛みの発症確立はおおむね同じである。

世界保健機関WHOの文書では、このように書かれている。

「腰(こし)の病気の発症する確立や有病率は、それぞれの地域のあらゆる場所でほぼ一定である。

腰部(ようぶ)の疼痛は、世界中で仕事を休む理由の一番である」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰の疼痛の原因は、身体の姿勢にあるとの昭和51年のナッケムソンの提言以降、欧州では就労中・家事労働中などの予防対策が行われている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年のヨーロッパ委員会の腰部の症状診療ガイドラインによれば、欧州における腰の疼痛の生涯発症の度合いは84%で、有病率は23%になります。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国アメリカおいて、数多くの人の腰(こし)の疾病は要因を断定できない原因不明の腰痛です。

この問題に関して、ナッケムソンは明確にアカデミーの問題を示唆されています。

米国アメリカは腰部の疾病が原因で、1年間に日本円にすると1000億円以上が無駄に使われているとされています。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本においても、腰部の痛みが自覚症状のある患者の比率で一番(もっとも多い症状)で、日本人の80パーセント以上が一生涯において腰の疾病を経験されています。

大半の人は腰部(ようぶ)の症状を訴えてもレントゲン・MRIで病変部位が見当らないケースも普通にあります。

病原が見付かった時でもその病変部位が腰部の病気の原因とはかぎらず、腰(こし)の痛みの人の8割が要因部分が、特定することができない(非特異的腰痛)。

ブログブログブログ

整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
整体 .
慢性頭痛と骨盤矯正 .

脊椎・骨盤矯正

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰の所に疼痛、炎症などを感じ取る様態を指す一般的な用語。

NO.2
世界の腰痛事情。

地域によって、学会の施策カルチャーや暮し、しきたりが違っても腰(こし)の痛みの発症する割合は比較的同じである。

(WHO)世界保健機関の文書は、次項のように記載されている。

「腰部の痛みの発症する確立や有病割合は、世界中のあちこちおおよそ一定である。

腰部の疾患は世界各国で仕事を休む原因の筆頭である」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰部(ようぶ)の症状の原因は、日常の姿勢にあると昭和51年のナッケムソンの提言以後、ヨーロッパでは就労中・家事などの予防が行われている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年のヨーロッパ委員会の腰痛診療ガイドラインでは、欧州ヨーロッパでの腰部(ようぶ)の疼痛の一生涯発症する確立は84%で、有病割合は23%である。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国アメリカでは、数多くの人の腰(こし)の疾患は、要因を特定できない非特異的腰痛だと言うことです。

この点についてナッケムソンは明確にアカデミーの問題点を指摘しています。

米国アメリカでは腰の疼痛の為に12ヶ月間に日本円に換算して1000億円以上が医療費として使われていると計算されている。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本国民においても腰部の疾患が有訴者率一番(もっとも多い症状)で、日本国民の80%強が一生涯において腰部(ようぶ)の疾患を体験しています。

多くの人は腰部(ようぶ)の病気を主張してもレントゲンやMRI診断で要因が診つけられないケースもあります。

異常個所が検知された場合もその異常部位が腰部(ようぶ)の痛みの要因と断定できない場合も多く、腰の症状患者の80%が要因部位が特定されない(非特異的腰痛)。

ブログブログブログ

カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

脊椎矯正と整体・カイロプラクティック

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰(こし)の周りに疼き炎症などを覚える様態を指す一般的な用語。

NO.2
世界の腰痛事情。

場所で学会の政策カルチャーや生活や習わしが異なっても、腰痛の発症の度合いは、大体同じである。

世界保健機関の通知ででは、次のように語られている。

「腰(こし)の症状の発症の度合いや有病割合はそれぞれの国のあらゆる場所でほぼ変わりないのである。

腰部(ようぶ)の病気は休業する要因のナンバー1」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰痛の要因は普段の姿勢に起因するとの1976年のナッケムソンの提言から、ヨーロッパでは作業中・家事などの予防対策がされている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰の痛み診療ガイドラインによれば、欧州での腰部の痛みの一生のうちでの発症確立は84%で、有病割合は23%である。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国においても、多くの人の腰(こし)の痛みは原因をつかめない非特異的腰痛だということです。

この内容に関してナッケムソンは明快なアカデミーの問題を指摘されています。

米国アメリカは、腰(こし)の疾病により、12ヶ月間に日本円に換算し1000億円以上が医療費として使われているとされています。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本国民においても腰(こし)の疾患が有訴者率一番(もっとも多い症状)で、日本人の80パーセント強が腰部の疾患を体験する。

多くの人々は腰の疾病を主張しても画像診断で異常部位が見つけられないことも珍しくない。

要因が特定された時もそれが腰部(ようぶ)の病気の原因とは限らず、腰の疼痛の人の8割が要因部位が分からない(原因不明の腰痛)。

ブログブログブログ

ブログ
ブログ
カイロプラクティック

脊椎・骨盤矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰(こし)の処に苦痛、炎症などを生じる状態を指す一般的な用語。

NO.2
世界の腰痛事情。

国は地域によって、行政の方策カルチャーや暮らしや慣わしが違っていても腰(こし)の症状の発症する割合は、おおむね一定である。

WHOの報告書では後述のように表現されている。

「腰(こし)の疼痛の罹患率や有病率は、おのおのの国のあらゆる場所でおおよそ同じである。

腰痛(ようつう)は世界で仕事を休業する原因の一番である」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰の疾患の痛みの原因は、骨格の姿勢にあるとの1976年のナッケムソンの発言から、ヨーロッパでは就業中・家事労働中などの対策が行われている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年の欧州委員会の腰の痛み診療ガイドラインによれば、欧州における腰(こし)の病気の一生のうちでの発症の頻度は84%で、有病割合は23%になります。

NO.5
米国での腰痛事情。

アメリカおいて、数多くの人の腰(こし)の病気は、原因をつかめない原因不明の腰痛だということです。

こ現状について、ナッケムソンは歴然たるアカデミーの問題を示唆している。

アメリカでは腰痛(ようつう)の為に、12ヶ月間に日本円で1000億円以上が失われているとされている。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本でも腰(こし)の疼痛が有訴者率トップ(最多の症状)であり、日本国民の80%以上が一生涯において腰部(ようぶ)の疼痛を体験する。

多くの人は腰部(ようぶ)の疾病を主張してもレントゲン・MRIで異常部位が診つけられないような場合珍しくありません。

異常部位が認められる場合でも、その異常個所が腰部(ようぶ)の症状の要因と断定できない場合も多く、腰(こし)の疾患の人の80%が原因箇所の特定されない(非特異的腰痛)。

ブログブログブログ

ブログ
ブログ
カイロプラクティック

背骨矯正とカイロプラクティック・整体(手技療法)

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰のまわりに疼痛炎症などを感じ取る病状を指し示す一般的に使用される語句。

NO.2
世界の腰痛事情。

地域によって、行政や学会の方針、カルチャーや生活やしきたりが異なっていても腰の疼痛の発症の度合いはおおむね一定である。

世界保健機関WHOの文書では次項のように表現されている。

「腰の疾患の発症の比率や有病割合はおのおのの地域の至る所でだいたい一定である。

腰の痛みは世界中で休業する要因のナンバー1」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰部の疾病の要因は日常の姿勢に起因するとの1976年のナッケムソンの発言以来、ヨーロッパでは就労中・炊事洗濯中などの予防対策がされている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年の欧州委員会の腰の疼痛診療ガイドラインでは、欧州における腰(こし)の病気の一生涯発症する確立は84%で、有病割合は23%である。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国おいて、数多くの患者の腰痛(ようつう)は、原因をつかめない原因不明の腰痛です。

こ現状について、ナッケムソンは明確に学会の問題点を示唆している。

米国では腰部(ようぶ)の痛みで12ヶ月間に日本円にして1000億円以上が失われていると算出されている。

NO.6
日本の腰痛事情。

わが国でも腰の疼痛が有訴者率トップ(もっとも多い症状)であり、日本国民の80パーセント以上が一生涯において腰部(ようぶ)の病気を経験されています。

大半の人は腰部(ようぶ)の疼痛を訴えても画像診断で病変部位が見つけられない場合も数多い。

異常が見つかった場合でも、その異常部位が腰部の疾患の要因でない事もあり、腰部(ようぶ)の症状の人の8割は病因部分の、はっきりしない(原因を特定できない腰痛)。

ブログブログブログ

カイロプラクティック
カイロプラクティック
カイロプラクティック

骨格矯正と整体・カイロプラクティック

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰まわりに疼き、発赤などを生じる病態を指し示す一般的な語句。

NO.2
世界の腰痛事情。

場所によって学会の施策文化や暮し、仕来りが違っても腰部の症状の発症の度合いは、だいたい変わりないのである。

世界保健機関の報告書では、以下のように記載されている。

「腰部の症状の発症の度合いや有病割合は、おのおのの地域の多くの場所でだいたい同じである。

腰部の疼痛は、世界で休業するりゆうのナンバーワン」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰(こし)の症状の痛みの原因は、身体の姿勢にあると昭和51年のナッケムソンの指摘以後、ヨーロッパでは労働中・炊事洗濯中などの対策がされている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年のヨーロッパ委員会の腰部の症状診療ガイドラインでは、欧州での腰部(ようぶ)の痛みの一生のうちでの罹患率は84%で、有病割合は23%になります。

NO.5
米国での腰痛事情。

アメリカおいて、おおくの患者の腰部(ようぶ)の疼痛は、原因を診断できない非特異的腰痛のようです。

この内容についてナッケムソンは歴然たる学会の問題を指摘されています。

アメリカは、腰部(ようぶ)の疼痛のために1年間に日本のお金で1000億円以上が失われていると算出されている。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本国民においても腰部の痛みが自覚症状のある患者の比率でトップ(もっとも多い症状)で、国民の8割強が一生において腰部(ようぶ)の疾患を経験されています。

大半の人は腰部の病気を訴えているが、レントゲンやMRIで損傷箇所が見当らないような場合珍しくありません。

異常個所が見付かったときもその病変部位が腰の症状の原因でない場合もあり、腰(こし)の病気患者の80パーセントは疾病場所がはっきりしない(非特異的腰痛)。

ブログブログブログ

出産後の腰の痛み .
出産後の腰の痛み .
出産後の腰の痛み .
出産後の腰の痛み .
出産後の腰の痛み .
猫背を治す .
整体で治す偏頭痛 .