背骨矯正とカイロプラクティック(手技療法)

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。

米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。

ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。

宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。

ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。

 ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。

ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。

 米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。

ロシアのソユーズ宇宙船はパラシュートで陸上に着陸しているが、着地の直前に短時間の強力なロケット噴射で速度を落とすという程度で、着地の衝撃は小さくないし、転倒することもある。

これはアポロ宇宙船など、これまでのアメリカのカプセル型宇宙船と同様の方法だが、新型のドラゴン2宇宙船は陸上へソフトに着陸することを目指している。

これに対し、ドラゴン2はSF映画の宇宙船のように、ゆるやかに減速してソフトに着陸する。

動画では、ワイヤーで吊り下げられたドラゴン2宇宙船が、ロケット噴射でわずかに持ち上がったまま、ほとんど動かない状態で制御されていることがわかる。

アメリカの宇宙開発企業スペースX社は2016年1月21日、前年の11月24日に行われた、ドラゴン2宇宙船のホバリング(空中停止)テストの動画を公開した。

またカプセル型有人宇宙船には通常、ロケットで打ち上げられる際の脱出用ロケット、軌道上で使用するための軌道変更用ロケットが個別に装備されるが、ドラゴン2宇宙船は8基の「スーパドラコ」エンジンが脱出用、軌道変更用、着陸用を兼用しており、コストダウンに貢献している。

今回公開された試験の動画では、この精緻な制御が成功しているように見える。

スペースXが現在運用しているドラゴン宇宙船は、パラシュートで降下し海上に着水する。

海上への着水と比べて、船で回収する費用が掛からない、海水で濡れないため再使用しやすい、有人宇宙船の場合は乗員の負担が小さいといったメリットがある。

病期ごとの生存率はI・II期が100%で、III期が94.2%、IV期が52.8%だった。

全がん協は、これまで5年相対生存率を算出してきたが、加盟施設のデータが出そろったことなどから、10年相対生存率の公表に踏み切った。

今回の10年相対生存率は、データ提出施設が限られているため、施設別の生存率は公表していない。

全臨床病期の生存率は4.9%。

全臨床病期の生存率は90.9%。

KapWebの開発者である千葉県がんセンター研究所の三上春夫所長は、10年相対生存率を算出する意義について、「がんという病気は、5年や10年で終わるものではなく、私たちは長い経過の一部を切り取って評価をしている。

この10年相対生存率は、全がん協に加盟する16施設で1999年から2002年にかけて診断治療した3万5287症例が対象。

10年相対生存率が90%以上の甲状腺の症例数は505。

生存率が90%以上だったのは、甲状腺で90.9%だった一方、30%未満だったのは食道(29.7%)、胆のう胆道(19.7%)、肝(15.3%)、膵(4.9%)などだった。

これにより、がんを長い経過でとらえることができる」と話している。

データ精度を高めるために良性腫瘍や上皮内がんなどを除き、自施設診断自施設治療と他施設診断自施設治療を解析し、診断のみの症例を外した。

国立がん研究センター(国がん、堀田知光理事長)は20日、全国がん(成人病)センター協議会(全がん協、堀田会長)の協力を得て初めて集計したすべてのがんの全臨床病期の10年相対生存率が58.2%だったと発表した。

病期ごとでは、I期が29.6%でII期が11.2%、III期が3.1%、IV期が0.9%だった。

一方、生存率が30%未満の膵の症例数は895。

カイロプラクティック(脊椎矯正術)は、脊椎矯正術の一つです。

「カイロプラクティック」の他に「オステオパシー」やスポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

米国の治療家「D.D.パーマー 」 が生みだされた。

病変は神経の機能の障害により起きるという哲学に基づき、肉体、特に椎骨の調整によって神経系の機能回復をしようとする施術です。

ブログ
ブログ
カイロプラクティック