骨盤矯正と整体(手技療法)

// Published 2017年12月20日 by kyapivara

整体 ・ 姿勢 ・ みるい熊

整体



整体とは日本では普通手技を用いた民間療法、代替医療を指す言葉です。



また体を整える施術法全てについてもちいられる言葉。



日本語としては、大正時代に利用されるようになった用語で米国で誕生した手技療法・オステオパシーを「整体(せいたい)」と言い換えたのが始まりのようである。



今、俗に用いられる意味では「カイロプラクティック」に似た背骨矯正療法(主に脊椎)を主目的とした手技療法を指して使用されることが多い。



脊椎・骨盤・上肢・下肢など、体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正、筋肉の調整を、手を使った手技療法と調整器具で行う治療及びそれらの行為を示しているという意見もあるが統一された形態は無い。



手技的療法により様々な病状を治癒させることを目的とする療法は「マニピュレーション」と総称されるが、この代表的なものがカイロプラクティック(背骨矯正術)・オステオパシー (Osteopathy)です。 自然治癒力を活性化することと手技が中心であるという共通点があるが、セラピー哲学やアプローチの方法は異なります。



どちらも19世紀に米国で体系づけられた施術(せじゅつ)である。 カイロプラクティックは脊椎の椎間関節のサブラクセーション(亜脱臼、不全脱臼)を徒手療法により矯正アジャストメントし、身体機能を改善していこうという治療方法(ちりょうほうほう)。 オステオパシーは身体の骨格のアンバランスは体循環に悪い作用を及ぼし、神経伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を妨害すると考え、脊椎だけでなくすべての筋肉や骨格構造、内臓、頭蓋骨が施術法の対象とします。




脳髄液の流れの回復やリンパの循環の回復も目的とされる。 カイロプラクティック(背骨矯正療法)オステオパシーの論理・技術は整体(せいたい)や指圧(しあつ)などの日本の手技療法に影響をあたえた。




整体にはお決まりのやり方はなく、人により行う事は違う。 大正の頃に日本に伝えられた「オステオパシー」や「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 など欧米より伝来の手技療法を中心とする整体、日本古来の格闘技の柔術(じゅうじゅつ)や骨法(こっぽう)などの流派に伝承される手技を用いた整体、中国医学の徒手矯正を取り入れた整体、各団体の独特の治療方法などを加えた整体など存在するといわれています。





民間療法であり、医療の制度から見て補完代替医療の一つですが、保険適用外ですので、一般の医療と一緒に一般医療の現場で補助療法として利用されることはない。 法制度からは医業類似行為の一つとされる。 「整体術」・「整体法(せいたいほう)」「整体療法」 とも言われる。 明治に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック(脊椎矯正療法)、オステオパシー (Osteopathy)、光線治療、電気治療などの手段で病気治療の目的で業をなすことを「療術」と言うが、整体(せいたい)もこの一種とされた 。

整体(せいたい)は理論・術の両方とも共通でないため、整体(せいたい)を冠する療法家個人が自論を展開しています。



カイロプラクティック(背骨矯正療法)の様な科学的・「物理的」方法と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常の医療で臨床に使われる「内臓体壁反射」などの論理の合わせたものとなっています。



体全体の各関節(脊柱(せきちゅう)・骨盤・・四肢・等)の歪み・ズレの調整と筋繊維のアンバランスの補正などを主に手足を使った技(道具を使う場合も)でする治療である。