骨格矯正と整体(手技療法)

// Published 2016年8月7日 by kanidasi01

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、ウエスト周りに苦痛発赤などを感ずる病態を指す一般的な用語。
NO.2
世界の腰痛事情。
地域で学会の方針、カルチャーや生活や仕来たりが異なっても、腰部(ようぶ)の疼痛の発症する確立はおおむね変わりないのである。
WHOの著述では、次のように述べられている。
「腰部の疾病の罹患率や有病割合は、それぞれの国のあちこちほぼ同じである。 腰痛は、世界各国で休業するりゆうの筆頭である」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰部(ようぶ)の痛みの苦痛の原因は日常の姿勢にあると1976年のナッケムソンの発言以降、欧州ヨーロッパでは就労中・家事などの予防対策が行われている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年のヨーロッパ委員会の腰部の痛み診療ガイドラインでは、ヨーロッパでの腰の病気の一生のうちでの発症の度合いは84%で、有病率は23%になります。
NO.5
米国での腰痛事情。
アメリカでも、数多くのクランケの腰部の疼痛は、原因をつかめない原因不明の腰痛です。 この事に関してナッケムソンは明確に学会の問題を指摘しています。
米国は腰部(ようぶ)の疾患になった為に、12ヶ月間に日本円に換算し1000億円以上が失われているとされている。
NO.6
日本の腰痛事情。
わが国でも腰部の症状が有訴者率トップ(最多の症状)であり、国民の80%以上が生涯において腰部の症状を体験しています。 大半の人は腰痛(ようつう)を訴えても画像で病変箇所が見当らない場合も多くある。 異常個所が検知された時でもその異常個所が腰部(ようぶ)の疾患の原因でないこともあり、腰の症状の人の80%は原因部位が特定できない(原因不明の腰痛)。
ブログブログかっこいい!浜松のオススメバンド



頭痛 .
頭痛 .
頭痛 .
頭痛 .
頭痛 .
頭痛 .
慢性頭痛と整骨院 .