手技療法と脊椎・骨盤矯正

// Published 2016年8月4日 by kanidasi01

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、ウェストに疼き、炎症などを感じ取る病状を指し示す一般的に使用される言葉。
NO.2
世界の腰痛事情。
地域によって行政の方針カルチャーや暮らし、慣習が違っていても、腰部(ようぶ)の疼痛の発症の度合いは、比較的一定である。
WHO世界保健機構の著述は次項のように書かれている。 「腰(こし)の疼痛の罹患率や有病率は世界中のあちこちほぼ同じである。
腰部(ようぶ)の症状は、仕事を休むりゆうの筆頭である」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰痛(ようつう)の苦痛の原因は、日常の姿勢にあると昭和51年のナッケムソンの指摘以後、ヨーロッパでは作業中・家事などの対策がされている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰の痛み診療ガイドラインでは、ヨーロッパにおける腰痛の生涯発症確立は84%で、有病率は23%であります。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国アメリカおいて、おおくのクランケの腰(こし)の痛みは原因をつかめない非特異的腰痛である。 この内容に関してナッケムソンは歴然たるアカデミーの問題点を示唆されています。
アメリカでは、腰部(ようぶ)の疼痛のために1年間に日本円に換算して1000億円以上が治療費として使われていると算出されている。
NO.6
日本の腰痛事情。
わが国においても腰部の病気が有訴者率トップ(もっとも多い症状)であり、わが国民の80%強が一生において腰部(ようぶ)の疾病を体験する。 大半の人は腰(こし)の疾病を訴えているが、エックス線・MRIで原因が診付けられないようなことも多くある。
病原が特定されたとしてもその部位が腰部(ようぶ)の病気の要因と言えない場合もあり、腰(こし)の病気患者の8割が病因部分の、特定することができない(非特異的腰痛)。
ブログブログブログ



ブログ
ブログ
カイロプラクティック