脊椎矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)

// Published 2016年2月14日 by kanidasi01



感染と発症の仕組みはわかっていない。 持病がなくても重症化し、致死率は30%に上る。 劇症型は、発熱と手足の痛み、腫れから数十時間で多臓器不全などに陥ることもある。 レンサ球菌(レンサきゅうきん、連鎖球菌)とは、レンサ球菌属(Streptococcus 属)に属するグラム陽性球菌である真正細菌の総称。 咽頭炎は、今年も増加傾向で、先月25~31日の小児科1か所当たりの患者数は3・36人と過去10年の同期比で最多。 筋膜などの組織が壊死する事例もあり、「人食いバクテリア」とも呼ばれる。 劇症型は先月末までの患者数は44人となっている。 sn-グリセロール3-リン酸の脂肪酸エステルより構成される細胞膜を持つ原核生物と定義される。 患者は50歳代以上の中高年に多い。 古細菌ドメイン、真核生物ドメインとともに、全生物界を三分する。 治療は咽頭炎、劇症型ともに抗菌薬を使用する。 A群溶血性レンサ球菌(溶連菌)などが原因の咽頭炎と、手足の壊死(えし)や意識障害を起こし死に至る恐れもある劇症型の患者数が昨年、いずれも過去最多だったことが国立感染症研究所のまとめでわかった。 咽頭炎は、患者のせきやくしゃみなどによって菌に感染し、発症する。 菌が出す毒素に免疫がない人は全身に発疹が現れるしょう紅熱を引き起こす。 突然の発熱と咽頭痛などが起こる。 全医療機関から報告される劇症型も431人で過去最多だった。 真正細菌(しんせいさいきん、ラテン語:Bacteria/バクテリア、単数形:Bacterium)あるいは単に細菌(さいきん)とは、分類学上のドメインの一つ、あるいはそこに含まれる生物のことである。 まとめでは、昨年1年間に全国約3000か所の小児科から報告された咽頭炎の患者数は、40万1240人で集計を始めた1999年以来最多。 学齢期の子どもが多い。 咽頭炎の患者数は今年に入り過去10年で最多で推移しており、感染研は注意を呼びかけている。
1958年からサメの襲撃に関するデータを収集している米フロリダ大学(University of Florida)の「国際サメ被害目録(ISAF)」責任者、ジョージ・バージス(George Burgess)氏によると、死亡事故はこのうち6件のみだったという。 これまでの最多襲撃記録は2000年の88件だった。 これは過去10年間の平均的な数字だった。 また昨年は、エルニーニョの影響で海水温が上がり、海を訪れる人の数も多かったとされる。 海水温の上昇と海を訪れた人が増えたことが原因と考えられるという。 サメ(鮫)は、軟骨魚綱板鰓亜綱に属する魚類のうち、鰓裂が体の側面に開くものの総称。 バージス氏によると、襲撃件数の増加は、気候変動に起因する海水温上昇で、サメの行動範囲が南北ともにさらに広がったことが原因の可能性があるという。 米国での襲撃件数のうち、30件は南東部のフロリダ(Florida)州で発生していたが、死亡事故が起きたのはハワイ(Hawaii)州だけだった。 世界中に約500種が存在する。 米国の大学が9日、明らかにした。 2015年に起きたサメに人間が襲われる事故は、世界で98件に上り、過去最高となった。 発生件数を国別でみると、米国が最多の59件を数え、オーストラリアの18件と南アフリカの8件がそれに次いでいる。 世界中の海洋に広く分布し、一部の種は汽水域、淡水域にも進出する。 鰓裂が下面に開くエイとは区別される。 また、深海性のサメも知られている。
牛痘にかかった人間は天然痘にかからなくなる(またはかかっても症状が軽い)事を発見し、これにより天然痘ワクチンを作った。 弱いとはいえ病原体を接種するため、まれに体調が崩れることがある。 名前の由来はラテン語の「Vacca」(雌牛の意)から。 ワクチンを発見したのはイギリスの医学者、エドワード・ジェンナー。 接種方法としては皮下注射、筋肉内注射が多いが、経口生ポリオワクチン(OPV)のように直接飲む(経口ワクチン)ものやBCGのようなスタンプ式のもの、変則的接種方法として、皮内注射などもある。 WHOはワクチンの実用化に向け、臨床試験の迅速な認可のための支援を必要な国々に行う方針。 ただ、いずれも「開発の初期段階であり、実用化には数年かかる」としている。 ワクチン(独: Vakzin、英: vaccine)はヒトなどの動物に接種して感染症の予防に用いる医薬品。 毒性を無くしたか、あるいは弱めた病原体から作られ、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症にかかりにくくする。 ジカウイルスは、デング熱や黄熱病、日本脳炎のウイルスなどと同じフラビウイルス科のウイルス。 その後、ルイ・パスツールが病原体の培養を通じてこれを弱毒化すれば、その接種によって免疫が作られると理論的裏付けを与え、応用の道を開いたことによって、さまざまな感染症に対するワクチンが作られるようになった。 また、マラリア予防薬のように服用するタイプの予防薬の研究も始まっているほか、ウイルスを媒介する蚊の駆除方法などの検討も進んでいる。 世界保健機関(WHO)は8日、妊婦の感染と新生児の小頭症の関連が疑われるジカウイルス感染症(ジカ熱)のワクチンについて、12の研究グループが開発に着手していることを明らかにした。
携帯キャリアの中で、最初に実質0円を打ち出したのはソフトバンクだった。 結果的には、総務省の皆さんが意図された方向に改善されてきているのではないか」と語った。 この影響についてソフトバンク代表取締役社長 兼 CEOの宮内謙氏は、「1月末までが激しいキャッシュバック戦争だったので、2月と比較すると相当減ったように見えるかもしれないが、2015年の2月と比べるとそんなに激減ではない。 総務省は2月2日、ガイドラインを守っているかを確認するため、店舗での覆面調査を実施すると発表。 この点については、「別にあっても構わないと思うが、世界中でいろいろな会社がいろいろなモノの売り方をしている。 孫氏は「iPhoneは6万円とか10万円とかする。 それが世界一安く手に入る日本、僕はいいんじゃないかなという気がする。 ソフトバンクグループ代表取締役社長の孫正義氏は、2月10日に開催された決算会見で、2月から“実質負担0円”での端末の販売が廃止されたことについて、「本当にそれは改善なのか、改悪なのかは、いろいろな議論があるところだと思う」と見解を述べた。 それを特に若い人に定価で買ってくださいというのは負担が大きいんじゃないかと思う。 「その分、ユーザーには通信料を安くするとか、学生のヘビーユーザーには『何ギガプレゼント』みたいな形で還元する。 特定の業界であまり事細かに、手取り足取りというのはいかがなものかと一般論としては感じる」(孫氏)と疑問を呈した。 その一方で、実質0円での提供は経営的には負担の方が大きかったとし、その負担が軽減されるという意味ではポジティブに捉えていると説明。 でも、(総務省が)それがいかんという方針なら、我々はそれに従う」と思いを語る。 我々としては逆にシェアが上がっているのが実態」と説明した。 この前日となる2月9日に開催されたKDDIの決算会見で、同社代表取締役社長の田中孝司氏は、実質0円の販売が廃止された影響について、「来店客数は大幅に減っている」と語っていた。 また、行き過ぎたキャッシュバックと思われる広告や掲示を見つけた場合には、総務省が設置した窓口まで連絡するよう求めている。








カイロプラクティック

カイロプラクティック(背骨矯正療法)とは、1895年米国(アメリカ)の「パーマー」により生み出された治療方法です。

カイロプラクティックの呼称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉です。

世界保健機関WHOでは補完代替医療として位置づけています。

発祥国アメリカや、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなどの一部の国(約40カ国)においておもに筋肉骨格系の障害を扱う筋肉・骨格の専門家として法制化されている。

世界保健機関の定義では「筋肉、骨格の障害とそれがおよぼす健康への影響を診断、治療、予防する専門職である。

治療法としては、手による関節アジャストもしくは脊椎マニピュレーションを特色として、特にサブラクセーションに注目している」。

「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 の定義は、いろいろな協会学校によって異なる時も多い。

中には痛みの原因が背骨などの関節(運動分節)の構造的、機能的な亜脱臼(サブラクセーション)にあると考え、そしてその亜脱臼(サブラクセーション)を手や矯正器具により正すことで痛みやシビレを治療するうことがカイロプラクティック(背骨矯正法)と思っている人がいます。