カイロプラクティック・整体と骨格矯正

// Published 2015年10月23日 by kanidasi01






サントリーホールディングス(HD)は19日、中国ビール2位の青島ビール(山東省)との合弁契約を解消したと発表した。 いずれも50%を出資する生産会社と販売会社の株式は青島ビールに来年春までに全て売却する。 上海市や江蘇省で約3割のシェアがある人気ビール「三得利(サントリー)」は青島ビールにライセンスを供与し、現地における生産・販売は続ける。 売却額は約156億円(8億2千万元)。 今後はワインやウイスキーなど成長分野に経営資源を集中するとしている。  サントリーの中国法人と青島ビールは2013年4月に合弁会社を設立したが、約2年で解消とした。 サントリーHDは合弁会社解消の理由について、「現地のビール市場が縮小し、競合との競争も厳しくなってきているため」としている。