整体

ブログ ブログ カイロプラクティック

8までNO.1
腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰(こし)の部分に疼痛炎症などを生ずる様態を指し示す語句。
NO.2
世界の腰痛事情。
地域によって行政の施策、文化や暮らし、仕来たりが違っていても、腰の病気の罹患率は比較的変わりないのである。 世界保健機関の報告書では、後述のように記載されている。 「腰の症状の発症する確立や有病率は、それぞれの土地の至る所でだいたい一定である。 腰部(ようぶ)の疾病は、世界で仕事を休業する理由の筆頭である」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰痛の原因は、日常の姿勢にあるとの昭和51年のナッケムソンの指摘以後、ヨーロッパでは職務中・家事などの予防対策がされている。
NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。
2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰痛診療ガイドラインでは、欧州における腰(こし)の疾病の生涯発症する割合は84%で、有病率は23%であります。
NO.5
米国での腰痛事情。
米国アメリカおいては、多くのクランケの腰痛は、要因をはっきり示すことのできない原因不明の腰痛のようです。 こ現状について、ナッケムソンは明確な学会の問題を示唆している。
米国では腰部(ようぶ)の疾病の為に、1年間に日本のお金で1000億円以上が医療費として使われているとされている。
NO.6
日本の腰痛事情。
わが国においても腰の痛みが自覚症状のある患者の比率で一番(もっとも多い症状)であり、日本人の80%強が生涯において腰の疼痛を体験している。 多くの人は腰部の疾病を訴えているが、レントゲンやMRIで異常個所が見当たらないような場合珍しくありません。 原因が見つかる時もその病変が腰(こし)の病気の原因と断定できない場合も多く、腰部の症状患者の80%が要因場所がはっきりしない(原因不明の腰痛)。
ブログブログかっこいい!浜松のオススメバンド



カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。