背骨矯正とカイロプラクティック

ブログ ブログ カイロプラクティック



米Appleが次期iPhone(「iPhone 7」と呼ばれる)で3.5ミリイヤフォンジャックを排除するといううわさを受けてオンライン署名ページSumOfUsで始まった「Appleにイヤフォンジャックの継続を訴える署名」が、目標数の21万人を超えた。 その後、米9TO5Macなども独自の情報筋からこのうわさを裏付ける情報を入手したと報じている。 本稿執筆現在、21万7058人となっている。 また、同社はBeatsブランドのBluetoothイヤフォンを開発中といううわさもある。 日本からも署名できる。 このうわさは、Apple情報に詳しいMacお宝鑑定団Blogが「信頼できる情報筋の話」として昨年11月に最初に報じたもの。 AppleのiPhoneにはこれまで標準で純正のイヤフォンが付属してきておりiPhone 7にもLightning接続のEarPodsが付属するとみられている。 Appleは過去にも、iPodのDockコネクタを最初のFirewireから2003年にDockコネクタに、その後さらにLightningへと変更し、大量のコードやケーブルを無用の長物と化させたとこのページは訴える。 署名ページには、「この変更はiPhoneユーザーにイヤフォンを買い換えるための余分な支出を強いるだけでなく、リサイクルされない電子機器の山を創出することになる」とある。

「News」アプリも改善され、よりパーソナライズされた記事を提供できるようになる。  現在、iOS 9.3は開発者向けに公開されている。 また、「Health」ソフトウェアでサードパーティー製アプリを見つけやすくなっている。 画面の色合いを自動的に「光のスペクトルの暖色域」へ変化させ、「目にやさしいものにする」という。 複数の研究結果から、電子機器の発する光がユーザーの睡眠に影響をおよぼすことが明らかになっている。 その主な原因は、LED画面が発するブルーライトによって、眠気を誘うホルモンであるメラトニンの生成が遅くなったり、抑制されたりすることにある。  iOS 9.3ではこのほか、「Notes」アプリがアップデートされる。 朝になると、ディスプレイは通常の設定に戻る。 この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 就寝前に「目にやさしく」表示するよう、ディスプレイを変化させるものだ。 パスワードまたは指紋認証を使って、個人の財務情報や医療記録といった情報を含むメモを保護することが可能になるほか、作成日や更新日、アルファベット順でメモを並び替えることができるようになる。 Appleの開発者サイトによると、モバイルOSの次期バージョン「iOS 9.3」には「Night Shift」という機能が搭載される。  Appleの開発者サイトの記述によると、「Night Shift」は、デバイスの時計と位置情報から、その場所の日没時刻を割り出す。




 このうちベインは、11年にすかいらーくを約3000億円で買収、再建に成功して15年10月に再上場を果たした実績がある。 すかいらーくの会長には、元米マクドナルド社長だったラルフ・アルバレス氏が就くなど人的関係も深い。  米マクドナルドが、株式の売却先として打診したのは投資ファンドや総合商社。  ただ、社内は至って冷静。 また、「総合商社で唯一関心を示した」(関係者)とされる三井物産は生活消費関連に弱い。  日本マクドナルドは、2014年夏に発覚した期限切れチキン問題をきっかけに業績が悪化。  そのため、ついに米マクドナルドはしびれを切らし、日本マクドナルドHD株の売却に向けて動き始めたというわけだ。 売上高が大幅に落ち込み、2期連続の最終赤字が見込まれている。 にもかかわらず、14年3月に就任したサラ・カサノバ社長の施策は、セットメニューの値下げや値上げを繰り返すなど迷走しており、売上高は一向に回復しそうにない。 そのため、フランチャイズも含めて全国に約3100店舗、売上高にして約4400億円のチェーンが一気に手に入ることに興味を示したようである。  マクドナルド、ベイン、三井物産3社とも「今回の件にはコメントできない」としている。 具体的な名前は明らかにされていないが、米ベインキャピタルや三井物産の名前が挙がっている。 米マクドナルドが、約5割を握る日本マクドナルドホールディングス(HD)の株式売却を模索し始めた。 というのも、昨年7月に米マクドナルドが打ち出したグローバル戦略で、日本は「最重要マーケット」から外されており、「見放された」と受け止められていたためだ。



「カイロプラクティック」 (Chiropractic) は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(背骨矯正法)以外にオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

アメリカ(米国)の治療師ダニエル・デビッド・パーマー(1845~1913) が生み出された。

疾患は神経障害から起きるとの考え方に基づいて、肉体、主に背骨矯正により神経系の機能の回復をしようとする治療法なのです。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。