カイロプラクティック(手技療法)と背骨矯正

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック






就寝前に「目にやさしく」表示するよう、ディスプレイを変化させるものだ。 「News」アプリも改善され、よりパーソナライズされた記事を提供できるようになる。  iOS 9.3ではこのほか、「Notes」アプリがアップデートされる。  現在、iOS 9.3は開発者向けに公開されている。 その主な原因は、LED画面が発するブルーライトによって、眠気を誘うホルモンであるメラトニンの生成が遅くなったり、抑制されたりすることにある。  Appleの開発者サイトの記述によると、「Night Shift」は、デバイスの時計と位置情報から、その場所の日没時刻を割り出す。 画面の色合いを自動的に「光のスペクトルの暖色域」へ変化させ、「目にやさしいものにする」という。 パスワードまたは指紋認証を使って、個人の財務情報や医療記録といった情報を含むメモを保護することが可能になるほか、作成日や更新日、アルファベット順でメモを並び替えることができるようになる。 Appleの開発者サイトによると、モバイルOSの次期バージョン「iOS 9.3」には「Night Shift」という機能が搭載される。 この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。 朝になると、ディスプレイは通常の設定に戻る。 また、「Health」ソフトウェアでサードパーティー製アプリを見つけやすくなっている。  複数の研究結果から、電子機器の発する光がユーザーの睡眠に影響をおよぼすことが明らかになっている。

金銭を支払わなければ情報を公開するという匿名の封書が今月4日に届き、不正アクセスが発覚したという。 情報セキュリティー会社「アークン」(東京都千代田区)は12日、同社の顧客約3800社分の情報が何者かの不正アクセスによって盗み出された可能性が高い、と発表した。 流出した情報が悪用されたとの報告はないという。 同社によると、盗まれたのは会社名、住所、電話番号、メールアドレス、担当者名の5項目。 金銭を要求する封書も届き、同社は警視庁に届けるとともに、他に流出被害がないか詳しく調査している。

ANAとベトナム航空は共同運航やマイレージの相互付与のほか、空港でのチェックインや整備の分野でも協力する。  ベトナムは現在、国営企業改革を進めており、政府が95%を出資しているベトナム航空も対象だ。 経済成長で急増する訪日客を取り込むねらいだANAが出資・提携した場合、日航との提携は解消される見通しだ。 両国間の直行便や国内線を共同運航し、便数や路線を増やす。  ベトナム航空は現在、日本航空と共同運航などで提携している。 共同運航などの業務提携は所属する航空連合で加盟社の承認を受けた上で、早ければ今秋にも始める方針だ。 ANAとベトナム航空は別の国際航空連合(アライアンス)に所属している。 ANAホールディングスは12日、国営ベトナム航空に出資し業務提携することで、同航空と基本合意したと発表した。 ANAが別の航空連合の海外航空会社に出資するのは初めて。 これまでANAを含む複数の海外航空会社と交渉してきた。  ベトナム航空は羽田、成田、中部、関西、福岡の各空港に就航している。 出資額は約130億円で、出資比率は8・8%になる。



「カイロプラクティック」 (Chiropractic) は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(Chiropractic) 以外にオステオパシースポンディロセラピ-など脊椎矯正法があります。

米国(アメリカ)の治療家「パーマー」(1845~1913) が創られた。

疾病は神経の機能の障害から発生するとの哲学に基づき、、特に脊柱の矯正によって神経系の機能回復を目的とした治療方法なのです。





カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。