カイロプラクティックで、知らないこと

みるい熊カイロプラクティック

「カイロプラクティック」とは、1895年米国のD.D.パーマー によって生み出された手技療法です。

名称は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技術」を意味する新しく作られた言葉。

世界保健機関(せかいほけんきかん)では補完代替医療に位置づけている。

発明国米国や、イギリス、ヨーロッパ諸国などの一部の国において主に筋肉・骨格の障害を取り扱う筋肉系、骨格系健康管理の専門職として法制化されている国もあります。

WHO世界保健機関の定義では、「筋肉系・骨格系の障害とそれがおよぼす健康全般への影響を診断・治療・予防する専門家です。

治療法として手技による背骨矯正もしくは背骨マニピュレーションを特色とし、サブラクセーションに注目している」。

但し、カイロプラクティック Chiropractic の定義は、いろいろな団体や教育機関で異なる時も多いようです。

また、中には苦痛症状元が脊椎などの関節(運動分節)の構造的、機能的なズレ(サブラクセーション)にあると考え、そしてその亜脱臼(サブラクセーション)を手や器具により正しい位置に矯正することで痛みを治すことが「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 だと解釈する人もいます。 整体

「整体(せいたい)」知ってる?



整体とは日本では普通手技(しゅぎ)を使った民間療法、代替医療(だいたいいりょう)を指す言葉。

カイロプラクティック

また、肉体を整える施術全てに対してもちいられる言葉。 Blog


「整体(せいたい)」



日本語としては、大正時代に用いられ始めた語句で、アメリカ(米国)で誕生した療法・整骨医学を整体(せいたい)と訳したのが始まりだと思われます。

整体(せいたい)ってどんなもの?



今、ふつうにもちいられる意味では「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 に似た骨格の矯正(主に脊椎・骨盤)を主目的とした療法を指して用いられる場合がおおい。 Blog


整体(せいたい)について考えよう

整体(せいたい)について考えよう

整体(せいたい)について考えよう



脊椎・骨盤・肩甲骨・四肢(上肢・下肢)など、肉体全体の骨格や関節の歪みの矯正、筋肉の調整を、手を使った手技療法(しゅぎりょうほう)と調整器具で行う技術およびそれらの方法を示しているという意見もあるが統一された形態はない。 Blog


整体(せいたい)



手技的治療法により多種多様の症状を治癒させることを目的とする治療法は「マニピュレーション」と称されるが、この代表ともいえるものがカイロプラクティックとオステオパシーである。 自然治癒力(しぜんちゆりょく)を活かすことと手技が治療の中心であるという共通の部分があるが、治療の哲学や着手の仕方は違っています。 Blog


「整体」とは



どちらも19世紀に米国(アメリカ)で生まれた治療法である。 「カイロプラクティック」 「Chiropractic」 は背骨の椎間の「サブラクセーション」(不全脱臼)を手技により矯正(アジャストメント)することで、病気を改善していこうという施術法(せじゅつほう)カイロプラクティック。 オステオパシー (Osteopathy)は体の構造の歪みは体液の循環に悪影響を及ぼし、神経伝達や内分泌、血液の循環んを妨害すると考え、脊柱だけでなくすべての筋肉繊維や骨格、内臓、頭蓋骨が施術の対象となります。

カイロプラクティック

脳髄液の循環の回復やリンパ液の循環の回復も目的とされています。 「カイロプラクティック」 Chiropractic 又はオステオパシー (Osteopathy)の理論・技術は、整体や指圧などの日本の徒手矯正に影響を与えました。 カイロプラクティック

整体クとは



整体では定められたやり方は無く、人によって行うことは異なる。 大正時代伝わった「オステオパシー」やカイロプラクティック(背骨矯正法)などの欧米伝来の徒手療法を中心とする整体(せいたい)、日本武術の柔術や骨法(こっぽう)などの流派に伝わる手技を取り入れた整体(せいたい)、中国医学の施術を利用した整体(せいたい)、団体の独自の理論や哲学などを加えた整体などが存在するともいわれる。 カイロプラクティック

整体(せいたい)について考えよう

整体(せいたい)について考えよう

整体(せいたい)について考えよう



民間療法であり、医療制度から見て代替医療の一つですが、保険の適応外ですので、一般の医療と一緒に一般医療の現場で補助療法として行われることはない。 法制度からは医業類似行為の一種とされる。 「整体術(せいたいじゅつ)」・「整体法(せいたいほう)」「整体療法(せいたいりょうほう)」 とも呼ばれています静岡県磐田市の整体明治頃に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック Chiropractic 、オステオパシー、光療法、電気治療などの手段を用いて保険治病の目的で業となす行為を「療術(りょうじゅつ)」というが、整体もこの一つとされた 。

「整体」って何だろう?

「整体」って何だろう?

「整体」って何だろう?



整体は、論理・技術の両方とも共通でないため、整体を冠する治療家めいめいが自論を語っている。

「整体」



カイロプラクティック(脊椎指圧療法)のような「科学的」・物理的手法と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で一般的に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの理論の混合形となっています。

整体(せいたい)で、知ってること

整体(せいたい)で、知ってること



体の骨の関節(背骨(せぼね)・骨盤・・四肢・顎関節等)の歪み・ズレの矯正と筋肉のアンバランスの矯正などを主に手足を使用した手技(道具は、補助として使用する)で行う治療です。



腰痛とは?。
腰痛(ようつう)とは、腰の周りに疼痛炎症などを感ずる状況を指し示す一般的な言葉。
NO.2
世界の腰痛事情。
国・地域によって、学会の施策、カルチャーや暮し暮し暮し暮し、慣わし慣わし慣わし慣わしが違っていてもが違っていてもが違っていてもが違っていても、腰(こし)の症状の発症する確立は発症する確立は発症する確立は発症する確立は、だいたい一定である。
世界保健機関(WHO)の報告で報告で報告では、次のように記載されている記載されている記載されている。 「腰の疼痛の発症する確立発症する確立発症する確立や有病率は、世界のあちこちおおよそ一定である。
腰部(ようぶ)の疾病腰部(ようぶ)の疾病は仕事を休業する仕事を休業する理由理由の筆頭である」。
NO.3
姿勢による腰痛の予防。
腰(こし)の疼痛の要因は生活の中での姿勢にあるとの1976年のナッケムソンの指摘以後、欧州では仕事中・家事などの予防が行われている。

神経学的診察神経学的診察神経学的診察
背骨背骨背骨、脊髄の疾患脊髄の疾患脊髄の疾患が推察推察推察できたときは神経学的検査神経学的検査神経学的検査の知識を使用して使用して解剖学的診断やレントゲンやCTやMRIを試す試す必要性が必要性がある。
脚脚への広がる疼痛広がる疼痛が認められる時には椎間板の障害の見込みが出て来る。 ヘルニアは9割位がL4・L5椎間板かL5/S1椎間板に発生するという。 脊髄の解剖的な特質からL4/L5椎間板の障害であった場合L5のみの障害かL5とS1の症状が考えられ、L5・S1椎間板の症状仙骨1番だけの障害となります。
障害された神経根を見付けるには反射(はんしゃ)、筋力(きんりょく)、知覚(ちかく)など調べる必用があります。
No.53
反射
膝蓋腱反射:L4神経根が主に関係している主に関係している。
この神経がこの神経が機能の低下を起こせば機能の低下を起こせば腰椎4番神経腰椎4番神経機能障害機能障害などを考慮する考慮する。
アキレス腱反射、仙骨1番神経根が主に関っている。 この神経が機能の低下を起こせば仙骨1番神経障害を可能性を考慮する。
No.54
知覚知覚知覚知覚
腰椎4番腰椎4番腰椎4番腰椎4番。 脛骨脛骨脛骨脛骨(すね)の内側。
L5、脛骨稜(すね)の外側。
第1指と第2指の間。
仙骨1番仙骨1番仙骨1番:足のうら、外果の下。
No.55
筋力筋力
L4、足首関節足首関節の内反と背屈。
腰椎5番。 足の指の背屈。
仙骨1番、足首関節の外反と底屈、足趾底屈。
上記のような神経学テストで解剖学診断を行うことが可能です。 より定性的な検査には根症状を見る誘発検査などもあります。
特に使われているのがラセーグ検査(ストレート・レッグ・レイズ・テスト)とと言う検査方法であおむけの姿勢で膝関節を伸展した状態で脚を上げる。
殿部~膝の下膝の下に疼痛疼痛を発現したら発現したらL5,S1の根症状ありということになります。 挙上した脚の反対側が痛みが出ることがありクロスSLRといいます。
FNS診断と呼ばれているものもあり腹這いの姿位で膝の関節を屈曲し脚をもち上げるテスト。
腰椎3番,腰椎4番の神経根が侵害されていると大腿部前面に疼痛が出る。
姿勢矯正・猫背矯正

コメントは停止中ですが、トラックバックとピンバックは受け付けています。