骨格矯正

またジカウイルスは、デング熱やチクングンヤ熱のウイルスも媒介する蚊の一種「ネッタイシマカ」を通じて感染が広がるが、WHOはこの種が米大陸のうちカナダとチリを除く全域に生息していることを強調している。

コロンビア、エクアドル、エルサルバドル、ジャマイカの4か国は、自国の女性らに対し、妊娠自体避けるよう呼び掛けている。

今年8月5日から夏季五輪の開催を控えているブラジルにとっては、憂慮すべき事態だ。

同国での小頭症の症例はかつて年間160件程度だったが、北東部での急増が指摘され始めた昨年10月以降、すでに3893例が報告されている。

そのためWHOは、「ジカウイルスは今後も広がり続け、両大陸の中でネッタイシマカが生息するあらゆる国と地域に到達する可能性が高い」と警鐘を鳴らしている。

■性感染の可能性も?ブラジルを中心とした中南米で感染例が急増していることを受けて、米国など一部の国の政府は妊娠中の女性に対し、同域への渡航を自粛するよう勧告を出した。

妊婦が感染すると、胎児に頭部が異常に小さくなる小頭症という病気をもたらす可能性が指摘されているが、その因果関係はまだ立証されていない。

その一方で、血液感染する恐れもあり、ヒトの精液からも検出されている上、「性交渉によりヒトからヒトへ感染した可能性を示す事例も1件ある」と述べている。

これについてはブラジルでも、保健当局者の中には賛意を示す者もいるものの、国の公式見解としては女性たちに蚊に刺されないよう注意を喚起するにとどまっている。

WHOは、ジカウイルスがネッタイシマカによって媒介されていることは確認されているが、その他の感染経路を示す証拠は限られているとしている。

米大陸ではこれまでジカ熱流行の経験がなく、昨年5月にブラジルで確認されるまでは人々のウイルスに対する免疫がなかったことも、ウイルスの急速な拡散の原因になったとされる。

WHOの声明によると、このウイルスは米大陸の55か国・地域のうち21ですでに存在している。

ジカウイルスは、感染しても大半の人はインフルエンザのような症状を短期間にわたり経験するのみで終わる。

一度打ち上げたロケットを再び発射し、着陸させたのは初めてと発表した。

米民間宇宙企業「ブルーオリジン」は22日、昨年11月の打ち上げ後に地上へ軟着陸させたロケットを再びテキサス州から打ち上げ、地上に再度着陸させた。

ロケットを再利用できるようになり、打ち上げ費用の大幅な削減につながる。

宇宙船部分もパラシュートで地上へ帰還した。

ロケットは宇宙船部分を高度100キロ余りまで打ち上げた後、エンジン噴射で姿勢を制御しながら地上へ垂直で軟着陸した。

 ブルーオリジンは、米ネット通販最大手アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏が創業した。

ロケットを点検し、点火装置などを交換、ソフトウエアにも改善を施して再利用が実現した。

 米民間宇宙企業「スペースX」も昨年12月にフロリダ州から発射したロケットを地上へ軟着陸させているが、まだ再利用はしていない。

東北大大学院生命科学研究科の東谷篤志教授(分子遺伝学)のグループが2009年11月、生まれた直後の線虫約1万匹をスペースシャトルで「きぼう」に輸送。

宇宙での映像を見ると運動能力が低下していた。

無重量状態が影響して虚弱体質になったとみられる。

約1000個の細胞からなり、生命現象の研究に用いられるモデル生物。

解凍して数千匹を調べた結果、無重量状態で育った線虫は、同じ宇宙空間であっても重力を加えた線虫より筋肉量が約2割少なかった。

宇宙での長期滞在に向け、生理的な影響を検討していく必要がある」と指摘した。

線虫は土壌に生息する微小生物で体長約1ミリ。

4日間成育した後、冷凍し、10年2月に再びシャトルで回収した。

宇宙空間で育った線虫は筋力が弱く、運動能力も低いことが、国際宇宙ステーションの実験棟「きぼう」での成育実験で分かった。

 東谷教授は「宇宙飛行士はトレーニングで筋力維持に努めているが、内臓などは細胞レベルで働きが落ちている可能性がある。

逆に腸内細菌を減らした母マウスの子が、正常な母マウスに育てられると正常な行動を示したことから、出生後に脳の発達が受ける影響があるとみられる。

これとは別に、正常な母マウスから生まれた子を生後すぐ、腸内細菌を減らした母マウスに育てさせても生後4週で暗闇での活動低下など異常が見られた。

産後も授乳などで母親の皮膚から細菌が入るという。

栃谷特命助教は「健康効果がある微生物プロバイオティクスなどを母子マウスに投与して腸内環境を整え、子の異常行動を予防できるかの研究も始めている」と話した。

母子の健康に影響を与えるとされる腸内細菌に着目した。

栃谷特命助教は「発達障害の原因はさまざまあり、母親の腸内細菌の減少、バランスの乱れはあくまでリスクの一つ。

母体の腸内環境悪化と子どもの脳の発達異常について関連性を示唆する内容で、仕組みの解明や予防につながる成果と期待される。

米オンライン科学誌プロスワンに論文が掲載される。

研究チームは、福井大子どものこころの発達研究センターの栃谷史郎特命助教、松崎秀夫教授ら。

生後7~8週でも低体重、壁沿いの移動の異常があった。

妊娠、出産の時期にヨーグルトなどで腸内環境を整えることはリスク軽減や予防につながる可能性がある」と説明した。

福井大学の研究チームは20日、腸内細菌が少ない母親から生まれた子どもに発達障害が現れる可能性があることを妊娠マウスの実験で示したと発表した。

人の場合、産道を通るときから細菌を摂取し、腸管で腸内細菌を育む。

ただ、脳の発達に腸内細菌がどう関与するかは不明で、研究チームは仕組みの解明を目指す。

実験では、妊娠期の母マウスに細菌の増殖を抑える抗生物質を飲ませ、腸内細菌を減らしてバランスを乱し、その後生まれた子を観察した。

 正常な母マウスから生まれた子と比べ、生後4週で平均体重が約2グラム(約12%)軽く、夜行性なのに暗闇での活動が低下し、広い空間では不安から壁沿いを移動するなどの異常が見られた。

 まとめによると、今月4~10日に、全国約3000の小児科から報告のあった患者数は3771人で、1か所当たり1・2人となった。

 感染研感染症疫学センターの砂川富正・第二室長は「おたふく風邪の流行は4~5年周期で起こる傾向があり、今年は流行する可能性がある。

 1か所当たりの患者数が多い都道府県は、佐賀(5人)、宮崎(4・23人)、石川(3・31人)で、各県とも流行注意報を発令した。

2~3週間の潜伏期間後、耳の下が腫れ、発熱する。

1か所あたり1・0人を超えるのは、2011年7月以来。

通常は1~2週間で治るが、無菌性髄膜炎や脳炎などを引き起こすことがあり、0・1~1%の確率で難聴になる。

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)が今年に入り、4年半ぶりに全国的な流行の兆しを見せていることが、国立感染症研究所のまとめでわかった。

おたふく風邪はムンプスウイルスの感染で起きる。

ワクチンを接種して予防することも重要だ」と話している。

「カイロプラクティック」 Chiropractic は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(背骨矯正法)の他にもオステオパシースポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

米国(アメリカ)の治療家ダニエル・デビッド・パーマー(1845~1913) が生みだされた。

病気は神経の障害から発症するという考えに基づいて、身体、特に脊椎関節の調整で神経機能回復をしようとする治療法なのです。