脊椎・骨盤矯正と整体(手技療法)

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック

星野では、同社のトマム成長戦略に「(豫園旅游を傘下に持つ)復星集団が賛同している」として、株式売却後もトマムの運営を行う。

 トマムはパウダースノーで有名なスキー場のほか、ホテルやゴルフ場を持つ、日本を代表する総合リゾート。

民営の複合企業である復星集団(上海市)に属し、今回のトマム買収も復星の意向が働いた。

豫園旅游は上海の有名庭園、「豫園」周辺の大型商業施設を管理するほか、飲食や医薬、不動産など各業種も営む。

星野はこれまで海外の投資ファンドとともに株式を所有していた。

上海市の総合商業グループ、上海豫園旅游商城は11日、北海道のスキーリゾート、星野リゾートトマム(占冠村)を買収すると発表した。

復星は今年、フランスのリゾート施設運営会社、クラブメッドを買収するなどリゾート業を強化している。

トマムの株式100%を星野リゾート(長野県軽井沢町)などから183億円で取得する。

日本観光ブームを背景に中国勢の進出が活発化している。

今回の撤収計画の見直しの背景には何があるのでしょうか。

アメリカのオバマ大統領は10月中旬、アフガニスタン撤収計画を見直し、次期大統領就任後の2017年以降も米軍を5500人程度駐留させると表明しました。

アフガニスタン戦争は2001年から14年以上にわたるため、既に「アメリカの最長の戦争」となっており、今回の見直しでさらに長引いていくことになりました。

2012年の自らの再選の公約としてオバマ自身が掲げた任期中の米軍のアフガン撤退が結局、実現しなかったことになります。

カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック