背骨矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)

二つが可能だ」と明言した。

 生鮮食品には精米も含まれる。

これまで線引きの困難さなどを理由に、対象を精米に絞るなど極めて限定すべきだと主張してきたが、幅広い飲食料品への適用を求める公明党に譲歩した形だ。

精米のみだと400億円で大きな開きがある。

自民党税制調査会の宮沢洋一会長は11日、2017年4月の消費税率10%時に導入する軽減税率について、生鮮食品の適用を事実上、容認する考えを示した。

 宮沢氏は、軽減税率に関する与党税制協議会の検討委員会の後、記者会見で「精米という極めてはっきりした線がある。

もう一つ、生鮮食品という線がある。

仮に8%の軽減税率を適用すると、年間の軽減額は3400億円と推計される。

ローソンなど全国約1万1100店の加盟店などで買い物の際にポイントが付与され、支払いに利用できる。

ドコモは従来の「ドコモポイント」の利用を他社にも広げる「dポイント」を12月1日にスタート。

対応店舗は順次拡大する。

12月1日から来年3月末まで、全国3000店のマクドナルドで、支払いの際に「dカード」などドコモのクレジットサービスで「iD」決済を利用すると、請求時に3%割り引く。

4月以降も特典を用意する予定という。

 また同日から、都内の約100店舗でdポイントへの対応を始める。

支払時に「dポイントカード」などを提示することでdポイント(100円ごとに1ポイント)が付与され、支払いなどに利用できる。

アメリカのオバマ大統領は10月中旬、アフガニスタン撤収計画を見直し、次期大統領就任後の2017年以降も米軍を5500人程度駐留させると表明しました。

2012年の自らの再選の公約としてオバマ自身が掲げた任期中の米軍のアフガン撤退が結局、実現しなかったことになります。

今回の撤収計画の見直しの背景には何があるのでしょうか。

アフガニスタン戦争は2001年から14年以上にわたるため、既に「アメリカの最長の戦争」となっており、今回の見直しでさらに長引いていくことになりました。

 米分析会社Net Applicationsが毎月発表している世界OS市場のバージョン別シェアによると、10月時点でWindows XPのシェアは11.68%。

なお、MicrosoftのWebブラウザ「Internet Explorer(IE)」によるWindows XPおよびVistaのサポートは終了しており、XPではIE 8まで、VistaではIE 9までしか使えない。

Appleは旧版OSのサポート終了について明確に発表していないが、Googleは公式ブログで上記のOSを「MicrosoftとAppleが既にサポートしていないプラットフォーム」とし、これらを使い続けているユーザーに対し、サポートされている新しいOSにアップグレードすることを勧めている。

Windows XPについては、同社は当初に2015年4月にサポートを終了するとしていたが、Microsoftがサポートを終了した後も2015年内はサポートを続けると発表している。

4月からはこれらのOSへのセキュリティパッチを含むアップデートを提供しない。

Mac OS 10.8以前のバージョンを足したシェアは1.26%だ。

今回さらに4カ月延長することになる。