背骨矯正と整体・カイロプラクティック(手技療法)

D10号棟2階に住む年金生活の1人暮らしの女性(70)は「横浜の旭化成建材の問題は知っていたが、まさか自分が住んでいる所がそうだと分かり、びっくりした」という。

道が問題を公表した28日夜、テレビ局の取材クルーのライトやカメラのフラッシュに建物が浮かび上がった。

新たに不正が発覚したのは、釧路市にある道営愛国団地D10号棟。

北海道まで問題が拡大したことに、長浜局長は会見で「正直、驚きを隠し得ない」と話した。

入居者には28日、道から問題を知らせる文書が届いたという。

旭化成建材は「客観的に見てデータの転用があったと認めざるを得ない」と話しているという。

今のところ不具合は感じていないとしながらも、不安そうな表情を浮かべた。

いずれも正式逮捕の前に取られる身柄拘束の措置で、「居住監視」はホテルなどで軟禁状態に置かれる。

 何氏は記者会見で、日本人の女性1人が最近になって「刑事拘留」となり、日本人の男性1人が6月下旬から「居住監視」という措置を受けていると明らかにした。

何氏は拘束の具体的な理由などの詳細には触れなかった。

在日中国大使館の何振良報道官は28日の定例記者会見で、中国当局が「スパイ容疑」で日本人4人を拘束していると明らかにした。

中国政府がすでに逮捕を公表している日本人2人に加え、拘束が疑われていた別の日本人2人の拘束についても、中国政府として初めて公式に認めた。

透明化した組織の細胞壁と細胞核を後から蛍光色素で染色することもでき、蛍光たんぱく質を導入するための遺伝子組み換えができない植物にも適用できるとしている。

 開発したのは、同大大学院の栗原大輔特任助教と、同大WPIトランスフォーマティブ生命分子研究所の東山哲也教授ら。

成果は英科学誌「Developement」(オンライン速報版)に公開された。

 生体組織の内部構造を観察するためには「2光子励起顕微鏡」という高価な顕微鏡を使う必要があったが、蛍光たんぱく質で標識した組織を透明化した場合、一般的に普及している「共焦点顕微鏡」でも観察できるという。

植物を蛍光たんぱく質を使った観察の際に邪魔になるクロロフィル(葉緑素)を除去する最適な化合物の組み合わせを探し、植物を透明化する試薬「ClearSee」の開発に成功した。

理化学研究所が開発した透明化解析技術「CUBIC」で用いた方法を植物に応用。