脊椎矯正と整体

今でもテストする場所を探すことで苦労している」と述べた。

その上で「実際に自動運転を導入する準備ができている国があるとすれば、それは日本だと思う。

信頼できる技術、デバイスが揃い、市街地での自動走行が可能になるのが2020年。

従って20年には私達は準備ができているということ。

ゴーンCEOは「私たちの仕事はまず技術を揃えるということ。

なぜなら日本では公道での自動運転のテストが可能だからだ。

ただそれを量販できるかどうかというのはやはり誰が何を決めるかによる。

欧州では公道でのテストはできない。

量販できるか否かは行政次第になる」と指摘。

東洋ゴム工業が、性能を偽装していた免震ゴムへの対応などのため、100億円超の特別損失を2015年12月期連結決算に追加で計上する見通しとなった。

15年12月期の業績予想の下方修正は3度目。

特別損失の内訳は、免震ゴムの交換に伴う建物所有者への補償や代替品の生産費用が70億円程度で、自動車部品の価格カルテルを巡り、顧客の自動車メーカーに支払う和解金42億円も計上する。

ただ、主力のタイヤ事業は好調で、120億円を見込む税引き後利益は目減りはするが、黒字は確保できる見通しだ。

氷に覆われた海に生命の発生可能な条件が備わっているとされる土星の衛星エンケラドスの岩石は、地球の岩石と異なり隕石(いんせき)に近い組成であることを、東京大と海洋研究開発機構などの研究チームが明らかにし、27日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

 東大大学院の関根康人准教授らは、プルームに含まれる微粒子ナノシリカの生成を実験で再現。

 こうした岩石は鉄を多く含み、水との反応で水素が大量に発生する。

研究チームは今回、別の実験で、熱水と反応しているエンケラドス内部の岩石の組成を推定。

過去に高熱で溶けたことがある地球の岩石と異なり、隕石や小惑星のような組成でないと、ナノシリカが生成されないことを突き止めた。

原始的な微生物が「食料」にする水素が発生しやすい環境と考えられるという。

エンケラドスは直径約500キロで、表面は氷で覆われている。

米航空宇宙局(NASA)はカッシーニをプルームに突入させ、成分を分析する。

今年3月、エンケラドスの海に90度以上の熱水が発生していることを明らかにした。

米欧の探査機カッシーニが2009年、南半球の氷の下に海が存在し、氷の粒や塩分を含む蒸気(プルーム)が噴き出す様子を確認した。

水素は原始的な微生物がエネルギー源に利用しており、関根准教授は「生命の存在可能性としてはプラスになる」と話している。