脊椎・骨盤矯正と整体・カイロプラクティック

売り出し価格は、引受証券会社が投資家の購入希望を募り、需要を把握した上で決定した。

購入申込期間は、金融2社が20~23日、日本郵政が27~30日。

上場する3社の一つで、金融2社と日本郵便(非上場)の持ち株会社である日本郵政の株式売り出し価格は、26日に決定する。

郵政3社の株式は国内で売り出す95%を個人投資家に販売する計画だ。

仮条件は、ゆうちょ銀行が1250~1450円、かんぽ生命が1900~2200円。

来月4日に上場する日本郵政グループ3社のうち、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の東証1部上場が19日決まり、売り出し価格が公表された。

ゆうちょ銀行は1株1450円、かんぽ生命は同2200円で、個人投資家の購入意欲の強さから、両社とも7日に公表した仮条件の上限値が売り出し価格となった。

18日、フィリピンに上陸した「台風24号」が猛威をふるっている。

 「台風24号」は18日未明、フィリピンのルソン島に上陸、勢力は非常に強く、最大瞬間風速70メートルを記録した。

ルソン島では、建物のカベが倒壊するなどして9人が死亡したほか、6万5000人以上が避難している。

 ロイター通信によると、ルソン島各地では、台風の影響で木や建物のコンクリート壁が倒れるなどして、少なくとも9人が死亡した。

「台風24号」は、勢力を弱めているものの、進む速度が遅く、数日間はフィリピン付近にとどまる見通しで、被害が拡大する恐れも出ている。

また、洪水や土砂崩れが起きたほか、広い範囲で停電が発生、フィリピン当局によると、6万5000人以上が避難しているという。

米サイバーセキュリティー会社クラウドストライクが明らかにした。

攻撃を受けた企業名の公表は避けた。

オバマ米大統領と中国の習近平国家主席が会談した翌日の9月26日以降、米国のテクノロジー企業5社と製薬会社2社でクラウドストライクが導入したソフトウエアがサイバー攻撃を検出し、撃退したという。

クラウドストライクはすでにホワイトハウスにサイバー攻撃について報告したという。

9月の米中首脳会談でサイバー攻撃による産業スパイ行為を容認しないことで合意してから3週間のうちに、中国政府と関係するハッカーが少なくとも米企業7社にサイバー攻撃を仕掛けていたことが分かった。

クラウドストライクのディミトリ・アルペロビッチ共同創業者は、この7社を攻撃したハッカーが使用したサーバーやソフトウエアを基に、中国政府と関係しているとの見方を示した。

ザンビアの通貨クワチャは今年に入り、対ドルで45%も下落した。

輸出の大半を占める銅の価格が下がったのが主な要因だが、下落率は米経済通信社ブルームバーグ(Bloomberg)が動きを追う155通貨の中でも最悪となっている。

こうした事態を打開しようと、ルング大統領は前月、国を挙げて神に祈りをささげるよう命令していた。

18日、ルング大統領は集まった約5000人の国民を前に「神はわれわれの嘆きを聞き、われわれの罪をゆるしてくださる。

そして必ず、この国を深刻な社会・経済危機から救ってくださる」と語り、さらに「優れたアイデア」を持つ者は名乗り出て政府を支援するよう呼び掛けた。

この日に予定されていたサッカーの試合はすべて延期され、バーは午後6時までの閉店を命じられた。

ハワイ州でホームレス問題の解決策を模索する幹部によると、同州では特にオアフ島でのホームレス増加が過去2年の間に目立つ。

同知事の報道官によると、州のホームレス人口は今年実施された調査によると推定7620人。

イゲ知事は同州のホームレス対策で最も欠けているのは家族の避難施設であると強調した。

一方、米国のホームレス問題団体によると、カリフォルニア州のホームレス人口は約11万4000人、ニューヨーク州は8万人以上、テキサス州は約2万8500人となっている。

今回宣言した緊急事態に基づき、居住先がない個人や家族を恒久的に収容する家屋へ迅速に移す計画に注力する。

米国勢調査によると、ハワイ州の総人口は約136万人。

このため関連予算として130万ドル(約1億5000万円)以上を準備した。

同州では2013年、ホームレス対策が改善してないことに業を煮やした州議会議員が路上などに放置された、ホームレスも使うショッピング用カートをハンマーで相次いで破壊する騒ぎも起きていた。

数は他州に比べて少ないが、住民10万人当たりの比率では465人と、全米50州の中では最大の水準となっている。

ホームレス人口の増加に悩む米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は16日、路上などでの生活を余儀なくされている住民の減少を目指した緊急事態を宣言する報道発表文を発表した。

ホームレスの家族用の臨時の家屋の建設などを進める。

カイロプラクティック(Chiropractic) は脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)の他にもオステオパシー (Osteopathy)やスポンディロセラピ-などの脊椎矯正術があります。

アメリカ(米国)の治療師「D.D.パーマー 」 が生みだされた。

病変は神経の機能障害から発症するという考え方に基づいて、、主に脊椎関節の調整によって神経系の機能の回復を目指した治療なのです。

19 世紀末にアメリカにて発明された神経機能障害に行う治療です。

脊椎(背骨)の歪(亜脱臼)みを調整、神経の機能を整えさせ、各組織や各器官の異常を治療する

カイロプラクティック(Chiropractic) は背骨の障害とそれが及ぼす身体への影響を判断、治療、予防する専門家であり、アジャストメントもしくは背骨のマニピュレーション(アジャストメント)を含めた徒手を特徴として、主に椎骨の歪み(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する施術です。

分かりやすく言えば・・・、骨格のゆがみ、特に背骨(椎骨)の異常手技や矯正器具によって調整することによって神経の機能の作用を治す治療法です。

ですから人の身体を主に制御するのは脳と脊髄繋がる神経線維で、その神経の伝達が良くなれば自然には症状の治癒とともに健康的になると考えるわけです。

健康管理システムの中の骨格健康管理プロフェッショナルです。

神経系・骨格系の機能、健康全般そして日常生活の質を高める機能を持っている。

最近の研究臨床経験に基づいて、特に背骨(脊椎)と神経系の関りを重視しながら検査、診断、治療に専門的な着手方法をする。

手技、運動、患者教育など含みながら、主に脊椎アジャストメントをする訓練を受けた専門家です。

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) はまず既往歴を訊き、姿勢チェックなど各種の検査を行います。

そして身体の歪みを統合的に診断して施術方法を構成、症状や体の特徴に応じた治療テクニックを用います。

環太平洋パートナーシップ協定(TPP)で、野菜や魚は全ての関税が16年目までに撤廃されることが分かった。

現状3.5%以上のカツオやベニザケ、ヒラメなどは即時撤廃となる。

また、重要5項目の中でも、牛タンやハム、ソーセージなどの一部加工品は段階的に撤廃される。

 水産物では、魚の関税がすべて撤廃される。

果物ではパイナップル缶詰などの一部の加工品を除いて、オレンジやサクランボなどの関税が段階的に下がり最終的にはゼロとなる。

このため、「生産者に与える影響は限定的」(交渉関係者)とする見方が多い。

TPP交渉は元々、すべての品目の関税撤廃が原則とされてきた。

関税が早期撤廃される野菜や魚については、元々の関税がそれほど高くない上に、TPP参加国からの輸入品と国産品が競合しているケースは少ない。

撤廃品目数は、農林水産物834品目の約半数に達する見通しで、日本政府が「聖域」として交渉してきたコメ、牛・豚肉、乳製品、麦、砂糖の重要5項目以外は、ほとんどの関税が即時撤廃か数年間で段階的に撤廃される。

一方で、国内に漁業者が多いアジやサバについては16年目までの段階的な撤廃となる。

タマネギは原則8.5%の関税が6年目に撤廃される。

このため、野菜ではホウレンソウやレタス、アスパラガス、ブロッコリー、キャベツなどにかかっている3%の関税がTPPの発効後すぐになくなる。

TPPの大筋合意以降、国内では詳しい説明を求める声が高まっており、農林水産省が各品目についての精査を進めている。

日本の携帯電話料金は世界的にみて、高くも安くもないが、安倍首相が値下げの方策検討を指示したのは、公共料金のようにとらえているからだと思う。

安倍晋三首相の要請を受け、総務省が19日に第1回の有識者会議を開催し、年内に一定の結論を出す予定。

端末を買い替えると、端末代金に相当する分を通信料金から差し引いて相殺しているが、実際は端末代を通信料から広く回収する仕組みになっている。

あわせて3GサービスのフィーチャーフォンユーザーがLTEサービスのスマホユーザーに移行できるプランが求められる。

そのため端末代と通信料を分離すれば、通信料はもう少し安くなるはずだ。

携帯電話がこれだけ身近なのに、料金にオプションなどが含まれて複雑で、消費者は十分に理解できていない。

その代わり端末代は高くなる。

だが、総務省や携帯電話大手の思惑が交錯するなかで議論が難航するとみられる。

<SMBC日興証券・菊池悟シニアアナリスト> データ通信をあまり利用しないライトユーザー対策は必要。

二人の専門家に聞いた。

携帯電話料金の引き下げに向けた議論が動き出す。

これによりMVNOにとってはプラスになる。

そうすれば携帯電話各社の業績への影響も少ない。

これによりライトユーザー向けの低容量プランに移行するスマホユーザーの通信料収入の落ち込みをフィーチャーフォンからスマホに移行するユーザーの収入で補える。

ユーザーのサービス向上と通信業界の成長を踏まえた施策を検討することになるが、この短い時間で落とし所を見いだせるのか。

LTEへの移行でユーザーの利便性も高まる。

分離により端末の競争から料金やサービスの勝負に変わってくる。

これまでは、課徴金額は機械的に決められたため、企業にとって調査に協力するメリットが小さく、不正の実態解明の障壁になっていた。

調査協力した企業に“見返り”を与えて実態解明を容易にし、違反の抑止力を高める狙いがある。

現在の制度は、不正に関連した売上高に一定の算定率をかけた額を課徴金とし国庫納付を命じている。

 新たな“裁量型”では、違反と認定された企業が公取委から求められた資料を全て提出した場合に、算定率を10%から8%に下げる例や、逆に提出を全て拒んだ企業には算定率を高めるケースなどが想定される。

公取委は独禁法改正案の提出を目指し、原案作成を進めている。

カルテルや私的独占など独占禁止法違反が認定された企業について、公正取引委員会が、調査への協力度などに応じて課徴金の額を公取委の裁量で増減できる「裁量型課徴金制度」の導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。

また、有力企業に小さな企業がカルテルへの参加を強要された場合などは、課徴金を減免する措置なども想定されている。

法改正をめぐっては、市場秩序を向上させる効果が期待される一方、公取委に強い裁量権を与えることへの妥当性についての議論も予想される。

「イーライセンス」の管理手数料は、たとえばCDを販売した場合、使用料の5%で、JASRACの6%よりも安い。

一方、コンサートやカラオケ、店舗のBGMを含む演奏権の管理はJASRACに残すという。

また、無償の宣伝用CDを作るときは使用料を取らないなど、レコード会社の宣伝活動をしやすくしている。

将来的に3社による新しい著作権管理会社の設立を目指しており、今回の移行は事業統合に向けた調整の一環とみられる。

先月30日、子会社のエイベックス・ミュージック・パブリッシングが「イーライセンス」と著作権管理事業者「ジャパン・ライツ・クリアランス」の株式を取得。

今後、それぞれの楽曲の著作権者の合意を取り付け、系列の著作権管理事業者「イーライセンス」に管理を任せる。

その分、権利者への分配金が多いとされる。

音楽大手のエイベックス・グループ・ホールディングスが、日本音楽著作権協会(JASRAC)に任せていた約10万曲の著作権管理を系列会社に移す手続きを始めた。

JASRACによる著作権管理事業の独占状態が、初めて変わる可能性が出てきた。

エイベックスの担当者は「使用料や手数料の選択肢を用意することで、競争を生み出し、音楽業界を活性化させたい」と話す。

エイベックスによると、移行の対象はCDの販売や放送、レンタルなどにかかる権利で、安室奈美恵やEXILE、浜崎あゆみらの楽曲も含まれる。

管理事業者はレコード会社や放送局、カラオケ店、飲食店などから著作物の使用料を受け取り、作家らに著作権料を分配する。

JASRACは国内最大の事業者で、300余万曲を管理している。

現地の取扱店で挽き方や抽出を指導中で「紅茶に代わるホットドリンクとして需要が見込める。

田宮正康社長は「日本製品の安全性は現地でも有名で、少しずつ魅力を浸透させたい」と期待する。

極東を足がかりにシベリアにも進出したい」(総合開発部)と意気込む。

コーヒー焙煎(ばいせん)卸の小川珈琲(京都市右京区)は、ウラジオストクのスーパーや喫茶店から依頼を受け、昨夏から豆の輸出を始めた。

京都の茶製造やコーヒー卸などの企業が、ロシアに相次ぎ進出している。

今春、サンクトペテルブルクに日本茶専門店を初めて開設したのは、福寿園(木津川市)。

舞鶴港(舞鶴市)を経由するロシアとの定期便の運航開始を受け、京都府も進出を後押ししている。

20~40代の若い客が多いのが日本との違いといい、「入れ方から丁寧に説明し、茶文化を根付かせたい」(広報担当)と話し、試飲販売に力を入れている。

日本茶をアピールするため、抹茶を使ったチョコレートの菓子も合わせて販売する。

茶製造販売、舞妓の茶本舗(京田辺市)は、年内にウラジオストクの高級スーパー向けに抹茶と玄米をブレンドしたティーバッグの輸出に乗り出す。

紅茶の愛飲家が多いため、店舗展開や輸出を通じて販路を開拓する狙いがあり、巨大市場に熱い視線を注ぐ。

ロシア語のホームページを設けて通信販売を行ってきたが、取引量の拡大を目指す。

カイロプラクティック

カイロプラクティックは1895年に米国の「D.D.パーマー 」によって生み出された治療法です。

カイロプラクティックの命名の由来は、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する造語。

WHO世界保健機関では補完代替医療として位置づけています。

発明国のアメリカや、カナダ、オーストラリア、EU諸国などの一部の国(約40カ国)においては、おもに筋肉、骨格の障害を扱う筋肉系、骨格系健康管理専門職として法制化されています。

WHO世界保健機関の定義は「筋肉・骨格の障害とそれが与える健康への影響を診断、治療、予防をする専門職です。

治療として手による関節矯正もしくは背骨マニピュレーションを特色として特に背骨のわずかなズレに注目している」。

但しカイロプラクティック(脊椎矯正法)の定義は、いろいろな協会学校で異なる場合も多い。

中には痛みの要因が背骨などの(運動分節)の構造的、機能的な亜脱臼(サブラクセーション)だと考え、その亜脱臼(サブラクセーション)を手技や器具によって正しい位置に矯正することで痛み・シビレを治療するうことがカイロプラクティック(脊椎矯正法)だという考えを持っている人々もいます。

例えば米国カイロプラクティック協会が定義する「カイロプラクティック」 (Chiropractic) とは、筋肉系・骨格系と神経系の疾病に特化した施術と定義されている。

カイロプラクターは薬剤外科手術はせず、独自の矯正を治療方法の主な方法として検査と診断と施術をしている。

カイロプラクティック治療者は肉体に関する様々な分野の診断知識を有し、治療に加え、理学療法リハビリ栄養食事指導生活習慣指導も日常行っています。

2015年10月22日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Okada Chiropractic..