エアアジア機

インドネシアの救難当局は30日、ボルネオ島南西部のジャワ海の海上で、28日から行方不明になっているエアアジア機(乗客乗 員162人)の残骸(ざんがい)などを発見したことを明らかにした。AP通信は、現場付近で乗客とみられる6人の遺体が確認され、うち3体が回収されたと 伝えた。

遺体が回収されたのは、不明機の信号が途絶えた場所から南東に約10キロの海上。ヘリコプターで引き揚げられ、インドネシア海軍の艦船に収容された。救命胴衣は着けていなかった。

捜索中の航空機が同日昼、不明機の機体の破片とみられる白と赤の浮遊物などを発見。インドネシアの救難当局者は記者会見で、浮遊していた脱出ドアの映像などを分析した結果、「残骸は不明機のものと確認した」と述べた。

地元メディアによると、現場付近の水深は25~30メートルで、水面下には機体とみられる大きな影が確認できるという。今後、乗客乗員らの捜索とともに、墜落原因解明のカギを握るフライトレコーダーなどの回収を急ぐ。

30日の捜索はインドネシアやオーストラリア、マレーシア、シンガポール、韓国、米国などの船舶約30隻、航空機21機で行われた。

 

参照

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141230-00000553-san-asia

 

カイロプラクティック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です