腐った卵の臭いだけで、眠っている間に禁煙できちゃうらしい

■腐った卵の臭いで眠っている間に禁煙?研究論文

【11月15日 Relaxnews】眠っている間に嗅覚を刺激することで禁煙できる可能性を示した論文が、
12日発行の米専門誌「神経科学ジャーナル(Journal of Neuroscience)」に掲載された。

睡眠中の「条件付け」(ある条件に対して特定の反射や反応を引き起こすよう人や動物に学習させること)が
人間の行動を変化させる可能性について研究しているイスラエル・ワイツマン科学研究所(Weizmann Institute
of Science)の研究チームは、感覚刺激の中で唯一、人を眠りから目覚めさせない嗅覚を利用した。

研究チームは禁煙を望んでいる喫煙者66人を3つのグループに分けた。第1のグループには睡眠実験室で
一夜を過ごしてもらい、睡眠中に2種類の悪臭を嗅がせた。一つは腐った卵の臭い、もう一つは魚の臭いで、
どちらもたばこの煙と混ぜてあった。翌朝、被験者たちには悪臭を嗅いだという記憶は残っていなかったが、
実験後の1週間に吸ったたばこの本数はいつもよりも少なくなったと回答した。

第2のグループには目覚めているときに同じ悪臭を嗅がせ、第3のグループには睡眠中に腐った卵、魚、
たばこの煙の臭いを別々にかがせたが、両グループともに実験後の1週間に吸ったたばこの本数は減らな
かった。

最良の禁煙結果が出たのは、ノンレム睡眠のステージ2(4段階ある睡眠の深さのうち2番目に浅い)のときに
悪臭とたばこの煙が混ざった臭いを嗅がされたグループで、実験後に喫煙量は30%減っていた。(後略)

論文を執筆したアナト・アルジー(Anat Arzi)博士は「まだ睡眠中に禁煙する方法を発明したわけではない。それには全く別の研究が必要だ。ただし『条件付け』は睡眠中にも可能で、その条件付けによって行動が変化し得ることが示された」と説明している。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4909010.html

姿勢矯正なら、浜松市南区の整体

キスすると8000万のバクテリアを交換している!

キスは恋人同士の間では一般的な愛情表現であり、
特に唇同士のそれは愛情の誓いとして神聖視されることもある行為である。

だが、どうやらその時に口内を行き来しているのは両者の愛情だけではないようだ。

最新の研究報告によると、
アムステルダムにて、21人のカップルを対象に実験を行った結果、
接吻によって8000万のバクテリアが口内を行き来しているとのこと。

当初、一度のキスの前後に口内の状態を調べたところ、
両者の間には殆ど違いが見られなかったという。
だがこれは、カップルが普段からキスをしているため、
二人の間で行き交うバクテリアがすでにお互いの口内を住処としていることが原因であるようだった。

そこで、片方にヨーグルトを飲んでもらってからもう一度キスをしてもらうことで、
普段は口の中に存在しないはずの細菌のやり取りを調べたところ、
8000万の細菌がやりとりされていることが判明したということである。

8000万と言っても、もともと口の中には十億はくだらないバクテリアが住み着いているので、
今更大したことのない変化と捉えられる節もある。

しかし、生態的に免疫力を高めるなどの点を鑑みると、
こうした行為が健康にどのような影響をもたらすのかについて調べて見るのは価値がありそうだ。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4908782.html

姿勢矯正なら浜松市南区のカイロプラクティック

乳酸菌が治療のヒントか? 自閉症、腸と脳のつながりが明らかになる

 ストレスが激しい腹痛やけいれん、断続的な痛みといったつらい腹部症状の原因になることは知られているが、腸の異常は脳にも影響を及ぼす可能性がある。自閉症が初めて認知されてから約60年。症例数は急速に増え、国連の推定では世界で最大7000万人が自閉症スペクトラムに分類されるという。だが、原因や治療法は未だ解明されていない。

一方、頼もしい手掛かりが腸で見つかっている。これまでの研究により、自閉症児と健常児では、微生物叢と呼ばれる腸内に生息する膨大な数の微生物に著し い違いがあることがわかっている。そして今回、カリフォルニア工科大学で行われた研究の結果、微生物が自閉症の一因となる可能性が初めて明らかとなった。 「Cell」誌に先月掲載された論文によると、試験的なプロバイオティクス療法によってマウスの自閉症様行動が軽減し、すでに臨床試験の準備に入っている という。

現在、自閉症に対しては主に行動療法による治療が行われている。しかし、今後はプロバイオティクス(ヨーグルトなどに含まれる、生きた“体に良い”微生物)による治療に取って代わる可能性が出てきた。

自閉症は、コミュニケーション及び社会相互交渉の障害、反復的な行動という3つの基本的特徴を有する一連の疾患を指す。

自閉症を持つ子どもに最も多い健康上の訴えは胃腸障害だ。米国疾病予防管理センター(CDC)によると、自閉症児が慢性的な下痢や便秘を経験する可能性は、健常児より3.5倍以上高いという。

これらのヒントに基づき、アリゾナ州立大学の研究者らは、自閉症児と健常児から採取した便検体に含まれる腸内細菌を分析。その結果、自閉症児の腸内細菌 の種類は極めて乏しく、腸が病原体による攻撃の影響を受けやすくなっている可能性が明らかとなった。また別の研究でも、自閉症患者と健常者では腸内細菌の 種類と数が大きく異なることが判明している。

今回は、腸内微生物叢が自閉症の原因かどうかを調べるため、カリフォルニア工科大学の博士研究員エレイン・シャオ(Elaine Hsiao)氏が実験を行った。
妊娠中にインフルエンザにかかった母親から生まれる子どもは自閉症を発症するリスクが2倍になるという先行研究に基づき、シャオ氏は妊娠中のマウスに偽ウイルスを注射し、自閉症様症状を呈する仔マウスを出産させた。

その後、仔マウスは“腸管壁浸漏”と呼ばれる症状を示した。腸内細菌によって作られた分子が血流に入り、脳に到達する可能性もある状態だ。

それでは、腸内細菌はいかにして行動に影響を及ぼすのだろうか?シャオ氏がマウスの血液を調べたところ、“自閉症”マウスの血液には腸内細菌が作り出す 4EPSと呼ばれる分子が46倍も多く含まれていた。さらに、健康なマウスに4EPSを注射すると、不安行動の増加が見られた。自閉症患者では、これと似 た分子が高いレベルで検出されている。

次に、シャオ氏はマウスの胃腸障害に効果が認められているバクテロイデス・フラジリスを餌に加えた。

5週間後、“自閉症”マウスの腸管壁浸漏は解消し、血中4EPS値も大幅に低下。腸内微生物叢は健康なマウスの状態に近づき、行動にも改善が見られたという。

しかし、治療を受けたマウスのケージに新しいマウスを移しても相変わらず相互交渉は見られなかった。

その上、シャオ氏によるとプロバイオティクスは胃腸症状を呈する一部の自閉症患者にしか効果がない可能性があるという。また、臨床試験が行われない限り、この結果が人間にも当てはまるのかは不明だ。

とはいえ、ユニバーシティ・カレッジ・コークで解剖学と神経科学の教授を務めるジョン・クライアン(John Cryan)氏は、自閉症研究者は腸内細菌の重要性を過小評価すべきでないと指摘する。「我々の腸には、脳を構成する約1キロの神経細胞と同じくらい重要 な約1キロもの微生物が生息しているのだから」。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4909534.html

「痒いところに手がとどく」は危険! どうして痒い時に掻くと悪化するのか

これからの季節、乾燥肌の人にはなんらかの対策が必要になってくる。
暖房や北風にさらされた肌がカサカサして、
何より痒くなったりする経験が、誰にでもあるだろう。

むずむずする、と思って引っ掻いたりすると、
その場はとりあえずおさまるのだが、実はこれ、延々と続くループへの入り口なのだ。

痒みを感じたときにひっかくと、引っ掻いた時の痛みが、その痒みを和らげてくれる。
また、この痛みを和らげるためにセロトニンが分泌されるので、
なんでもないところを引っ掻くよりも痛くない。むしろ気持ちいい。

だが、このセロトニンが面倒な副作用を持つのである。
セロトニンは、なんと”痒み”の方を強くしてしまうのである。

これにより、痒いので掻く、セロトニンが分泌される、また痒くなる、の繰り返しが始まる。
しかも悪いことに、掻けば掻くほどにこの症状は悪化していくのだ。

痒みの原因は様々だが、引っ掻く、というのは最悪の対症療法と言えよう。
どうして痒いのか、原因を突き止めて根本から対処しないと、
結果は芳しいものではなさそうだ。

乾燥肌の人は、例えば皮脂を落とさないように熱湯を避ける(40度以下が望ましい)、
保湿成分の入った入浴剤を使用する、
皮膚が炎症を起こしている場合は幹部を冷やすことで炎症を抑えるなど、
より科学的なアプローチでこれからの季節を迎え討ちたい。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4909105.html

骨盤矯正なら、浜松市南区のカイロプラクティッ

「子宮頸がんワクチン」の副作用

子宮頸(けい)がんワクチン接種後、慢性的な痛みが生じる副作用が報告されている問題で、患者の家族らでつくる「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」(東京)の大阪支部が10月18日、発足した。 当日の記者会見では、接種後に原因不明の痛みや手足のしびれなど体の不調に苦しむ少女らの母親が出席。「娘の健康を願っての接種だったのに」と被害を訴 え、「同じ悩みを抱えるメンバーで集まろう」と呼びかけた。支部設立は関西初。19日には愛知県支部も発足し、支部の輪は全国で9つに広がった。 国は早急な実態解明と副作用の治療方法などの研究を進める方針を打ち出したが、接種と症状の関連は“謎”のまま。被害者の不安が解消されるのはいつになるのか。 ■病院では「気のせい」 大阪支部代表に就任したのは、大阪府東大阪市の橋本夕夏子(ゆかこ)さん(40)。高校3年の長女(18)が中学3年だった平成23年9、10月と24年3月に子宮頸がんワクチンの接種を受け、めまいや手足のしびれに苦しんでいるという。 子宮頸がんは子宮の入り口にできるがん。日本では年間約2700人が死亡している。 がんを引き起こすヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐ効果があるとされるワクチンの接種(3回)を知らせる手紙が東大阪市の保健所から学校に 届き、橋本さんは「予防できるなら接種した方がいい」と接種を決めた。「手紙には副作用事例の紹介はなく、医師からの説明もなかった」 長女は高校進学後、「指先が痛い」と訴え始めた。最初は近所の整形外科を受診。「昔から関節が弱かったのでそれかなと思っていた」(橋本さん)という。 しかし25年8月、就寝前に手から足先までしびれを感じるように。脳神経外科を受診、脳活動を調べるMRI(磁気共鳴画像装置)まで受けたが、異常はないと診断された。 原因が分からずに悩む橋本さんに、知人から「ニュースで見た子宮頸がんワクチンの症状に当てはまる」と連絡があり、東大阪市の保健所に相談。だが、紹介された厚生労働省指定の大学病院では「気のせい。効く薬はない」と検診すらしてもらえなかった。 長女は精神的にまいってしまい、「自分がおかしいのかな」と橋本さんに不調を訴えることをやめた。 症状はさらに進行。今年1~2月にはめまいや頭痛がひどくなり、午前中はベッドから起き上がれない状態に。学校の欠席が11日続いたこともあった。現 在、症状はやや安定したが、橋本さんは薬剤治療に不安を抱き、難病治療を専門とする整体師のもとに長女を通わせている。 参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4910190.html 頭痛を治すなら、浜松市南区の整体

体重が増えるほど、脳が委縮するらしい

肥満は認知能力を低下させる?

体重が増えるほど、脳が収縮する可能性がある。60代を対象とした8年におよぶ最新の研究から、肥満体の被験者では、大脳辺縁系の一部である海馬が1年で2%近く収縮していることが明らかになった。その収縮率はアルツハイマー病に匹敵する。

標準体重の被験者では、記憶を司る海馬の収縮率が肥満体の被験者のおよそ半分。11月18日、首都ワシントンD.C.で開かれた北米神経科学学会の記者会見で研究結果が発表された。

これまでの体重と脳に関する研究のほとんどは中年層を対象にしてきたと、キャンベラにあるオーストラリア国立大学の神経科学者で研究の共著者、ニコラス・チェルビン(Nicolas Cherbuin)氏は語る。

今回の参加者は実験開始時点で60~64歳と、高齢者の肥満と認知能力低下の関連性を裏付ける証拠を提供した。年をとるほど肥満になりやすいアメリカ人にとって、冷静に受け止めなければならないニュースである。

「年をとり退職したから関係ないと思うかもしれないが、安心してはいられない」とチェルビン氏は言う。

◆ウエストが太くなると、海馬は細くなる

チェルビン氏と同僚らは、磁気共鳴画像法(MRI)を使って60代のボランティア400人の脳を調査した。実験当初から肥満の被験者の海馬は、標準体重 を少し超えた被験者のものより小さかった。(米国疾病予防管理センター(CDC)の指標では、身長175センチで体重が77~92キロあれば太り過ぎ、 92キロを超えると肥満と見なされる)。

また、肥満の被験者の海馬が最初から小さかっただけでなく、細身の被験者よりも速く収縮していくことが明らかになった。その収縮率は、記憶喪失や気分変動、集中力と意思決定力の低下につながるとチェルビン氏は推測する。

◆二重苦

太っているとなぜ脳が収縮するのか。その仕組みはまだ解明されていない。1つの可能性として、脂肪細胞から浸出する免疫系化学物質が考えられる。脂肪細胞が増えると、これらの化合物の量も増え、海馬で細胞死を促進しつつ細胞誕生を抑制するという二重の影響が現れる。

肥満と認知能力低下を関連付けた動物実験に照らし合わせると、今回の研究結果は信頼性があると、ピッツバーグ大学の神経学者で研究には参加していないジュディ―・キャメロン(Judy Cameron)氏は述べる。

CDCによると、アメリカ人の実に3分の1以上が肥満である。「体重を減らし、もっと体を動かすことで、神経変性疾患を予防できる。このことをより多くの国民に知らせる必要がある」とキャメロン氏は言う。

チェルビン氏もこれに同意し、「いま対策を打たなければ、20年、30年先に大きな代償を払うだろう」と述べている。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4911150.html

頭痛を治すなら、浜松市南区のカイロプラクティック

【悲報】体重が増えるほど、脳が委縮するらしい

肥満は認知能力を低下させる?

体重が増えるほど、脳が収縮する可能性がある。60代を対象とした8年におよぶ最新の研究から、肥満体の被験者では、大脳辺縁系の一部である海馬が1年で2%近く収縮していることが明らかになった。その収縮率はアルツハイマー病に匹敵する。

標準体重の被験者では、記憶を司る海馬の収縮率が肥満体の被験者のおよそ半分。11月18日、首都ワシントンD.C.で開かれた北米神経科学学会の記者会見で研究結果が発表された。

これまでの体重と脳に関する研究のほとんどは中年層を対象にしてきたと、キャンベラにあるオーストラリア国立大学の神経科学者で研究の共著者、ニコラス・チェルビン(Nicolas Cherbuin)氏は語る。

今回の参加者は実験開始時点で60~64歳と、高齢者の肥満と認知能力低下の関連性を裏付ける証拠を提供した。年をとるほど肥満になりやすいアメリカ人にとって、冷静に受け止めなければならないニュースである。

「年をとり退職したから関係ないと思うかもしれないが、安心してはいられない」とチェルビン氏は言う。

◆ウエストが太くなると、海馬は細くなる

チェルビン氏と同僚らは、磁気共鳴画像法(MRI)を使って60代のボランティア400人の脳を調査した。実験当初から肥満の被験者の海馬は、標準体重 を少し超えた被験者のものより小さかった。(米国疾病予防管理センター(CDC)の指標では、身長175センチで体重が77~92キロあれば太り過ぎ、 92キロを超えると肥満と見なされる)。

また、肥満の被験者の海馬が最初から小さかっただけでなく、細身の被験者よりも速く収縮していくことが明らかになった。その収縮率は、記憶喪失や気分変動、集中力と意思決定力の低下につながるとチェルビン氏は推測する。

◆二重苦

太っているとなぜ脳が収縮するのか。その仕組みはまだ解明されていない。1つの可能性として、脂肪細胞から浸出する免疫系化学物質が考えられる。脂肪細胞が増えると、これらの化合物の量も増え、海馬で細胞死を促進しつつ細胞誕生を抑制するという二重の影響が現れる。

肥満と認知能力低下を関連付けた動物実験に照らし合わせると、今回の研究結果は信頼性があると、ピッツバーグ大学の神経学者で研究には参加していないジュディ―・キャメロン(Judy Cameron)氏は述べる。

CDCによると、アメリカ人の実に3分の1以上が肥満である。「体重を減らし、もっと体を動かすことで、神経変性疾患を予防できる。このことをより多くの国民に知らせる必要がある」とキャメロン氏は言う。

チェルビン氏もこれに同意し、「いま対策を打たなければ、20年、30年先に大きな代償を払うだろう」と述べている。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4911150.html

ギックリ腰でお悩みなら、浜松市南区の整体

ブルーベリーは目に良い、は迷信!? 最新研究がブルーベリー神話にメス

ブルーベリーに含まれるアントシアニンは目に良いとして知られていたが、
もしかすると別にそんなことはないかもしれない。

最新研究が、ブルーベリーの神話を打ち崩すような報告をもたらしたのだ。

American Chemical Societyの報告によると、
健康な人々がブルーベリーに含まれるアントシアニンを摂取したことにより、
暗所での視覚が改善するなどといった効果は確認できなかったらしい。

現在のところ、目になんらかの障がいを持つ人にとっては何かしらの効果があるのでは、と
科学者たちは期待しているものの、
まだはっきりとした科学的実験は行われていないようである。

何故か盲目的に信じられている諸々、というのがあって、
ブルーベリーは目に良い、というのはそのうちの一つであったのは間違いない。

アントシアニンの経口摂取に視覚改善の効果がないとすれば、
今回の記事では明言されていなかったものの、
おそらくブルーベリー以外の食べ物に関しても同様のことが言えるだろう。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4910860.html

ギックリ腰でお悩みなら、浜松市南区のカイロプラクティック

抗HIV薬、加齢黄斑変性も治療可能に?

抗HIV薬、加齢黄斑変性にも効果か 米研究
AFP=時事 11月21日 15時4分

【AFP=時事】ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染による後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)の治療に広く使われている抗レトロウイルス薬の一種 「NRTI(核酸系逆転写酵素阻害剤)」が、目の難病である「加齢黄斑変性」の治療にも応用できる可能性があるとする研究が20日、米科学誌サイエンス (Science)に掲載された。

加齢黄斑変性は、網膜の中心部にある黄斑という組織に老化による異常が生じ、悪化すれば失明することもある。
米ケンタッキー大学(University of Kentucky)のチームによると、マウスを使った研究で、黄斑変性の症状悪化につながるたんぱく質の複合体「インフラマソーム」の働きをNRTIが阻害することが確認できたという。

研究チームはNRTIについて、肝炎や組織移植による合併症にも効果がある可能性を示唆している。

論文の主執筆者、ベンジャミン・ファウラー(Benjamin Fowler)氏は、NRTIについて「他の病気に応用できれば有益だ。非常に安価な薬剤で、今回の実験に使用した薬剤の中には数十年の臨床実績によって 高い安全性が確認されているものもある」と述べている。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4911990.html

頭痛でお悩みなら、浜松市南区のカイロプラクティック

水素が命を救う? 心停止後の脳へのダメージ、水素が抑制 後遺症の減少も

心筋梗塞などで心停止状態になった患者に水素ガスを吸わせると生存率が高まり、脳へのダメージも減らせる可能性があるとする研究成果を慶応大学のグループが発表しました。

この研究を行ったのは、慶応大学の佐野元昭准教授らのグループです。グループでは、水素ガスに体の細胞が死ぬのを抑える働きがあることに注目し、心停止状態に陥ったネズミに蘇生の直後、水素ガスを吸わせる実験を行いました。

その結果、水素ガスを吸わせなかったネズミでは、1週間後の生存率が38%だったのに対し、水素ガスを吸わせたネズミでは71%に上り、脳の神経細胞のダメージも少なかったということです。

救急医療の現場では現在、心停止した患者の体の温度を下げる低体温療法で脳のダメージを防いでますが、水素ガスの吸入は低体温療法に比べ簡単にできるということで、研究グループでは今後、臨床試験でヒトでの効果を確認したいとしています。

佐野准教授は「心臓が動き出せば命は助けられるが、社会復帰のためには脳に後遺症を残さないことが重要だ。水素ガスの吸入でその点を改善できると考えている」と話しています。

参照 http://www.scienceplus2ch.com/archives/4913637.html