脊椎・骨盤矯正と手技療法

てもみ .
もみほぐし .
マッサージ .

8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、ウエスト周りに疼き、発赤などを生ずる状況を指し示す一般的に使用される用語。

NO.2
世界の腰痛事情。

国で、学会の方針、カルチャーや暮しや仕来たりが違っていても、腰部の疾患の発症する確立は、大体変わりないのである。

世界保健機関の著述では、このように評されている。

「腰部(ようぶ)の症状の罹患率や有病率は、世界のあちこちおおよそ一定である。

腰(こし)の疾患は、世界で仕事を休業する要因の筆頭である」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰部(ようぶ)の症状の要因は普段の姿勢に起因するとの1976年のナッケムソンの提言以後、ヨーロッパでは仕事中・家事労働中などの予防がされている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年のヨーロッパ委員会の腰部の疼痛診療ガイドラインによれば、ヨーロッパでの腰部(ようぶ)の病気の一生のうちでの発症の比率は84%で、有病割合は23%になります。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国では、多数人の腰部(ようぶ)の病気は、原因を特定できない非特異的腰痛です。

このことに関してナッケムソンは明確にアカデミーの問題点を指摘しています。

アメリカは腰部の疾患によって、12ヶ月間に日本円にすると1000億円以上が医療費として使われていると計算されています。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本でも腰痛(ようつう)が有訴者率第一位(最多の症状)で、日本人の80%以上が一生において腰(こし)の疾病を体験する。

多くの人は腰部(ようぶ)の病気を訴えているが、画像で異常個所が見つけられない場合も珍しくない。

病原が箇所が見付かるときもそれが腰(こし)の疾患の要因と言えない場合もあり、腰(こし)の疾病の人の80%が要因部分が、特定されない(原因を特定できない腰痛)。

ストレートネックを改善するマッサージ .
肩凝り(肩こり)と骨のズレ .
脊椎矯正と腰痛(腰の痛み) .
ギックリ腰を改善する整体 .
腰部椎間板ヘルニアと骨の歪み .
骨格矯正と脚の痛み・脚の痺れ(シビレ) .
O脚(オオキャク) .

2016年8月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Okada Chiropractic