カイロプラクティック・整体と脊椎矯正

売り出し価格は、引受証券会社が投資家の購入希望を募り、需要を把握した上で決定した。

購入申込期間は、金融2社が20~23日、日本郵政が27~30日。

上場する3社の一つで、金融2社と日本郵便(非上場)の持ち株会社である日本郵政の株式売り出し価格は、26日に決定する。

郵政3社の株式は国内で売り出す95%を個人投資家に販売する計画だ。

仮条件は、ゆうちょ銀行が1250~1450円、かんぽ生命が1900~2200円。

来月4日に上場する日本郵政グループ3社のうち、ゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の東証1部上場が19日決まり、売り出し価格が公表された。

ゆうちょ銀行は1株1450円、かんぽ生命は同2200円で、個人投資家の購入意欲の強さから、両社とも7日に公表した仮条件の上限値が売り出し価格となった。

売却額は約156億円(8億2千万元)。

サントリーホールディングス(HD)は19日、中国ビール2位の青島ビール(山東省)との合弁契約を解消したと発表した。

サントリーHDは合弁会社解消の理由について、「現地のビール市場が縮小し、競合との競争も厳しくなってきているため」としている。

 サントリーの中国法人と青島ビールは2013年4月に合弁会社を設立したが、約2年で解消とした。

今後はワインやウイスキーなど成長分野に経営資源を集中するとしている。

上海市や江蘇省で約3割のシェアがある人気ビール「三得利(サントリー)」は青島ビールにライセンスを供与し、現地における生産・販売は続ける。

いずれも50%を出資する生産会社と販売会社の株式は青島ビールに来年春までに全て売却する。

ディスカウントストアが仮装グッズの品ぞろえを充実させているほか、仮装用のマスカラやつけまつげ、ネイルシールといったメーク用品の増加も大きいとみられる。

またサッポロビールが成人約7万3000人を対象に行った8月の調査では「ハロウィーンを楽しむ」との回答が、北海道や九州など、すべての地域で4割を超えた。

 昨年、約1900人のパレードを成功させた六本木商店街振興組合の臼井浩之副理事長によると、20~30代がグループで参加する例が多く、今年は3000人の参加を見込む。

大雪で規模が縮小した同年のバレンタイン市場(約1080億円)を上回った。

 同協会によると、23年に約560億円だったハロウィーン市場は昨年は約1100億円に。

ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及に後押しされ、街おこしイベントの目玉となりつつある。

ハロウィーンのシンボルであるかぼちゃのお化けにちなんだ、かぼちゃ味の料理やお菓子などが続々登場。

市場はこの4年で倍増し、バレンタインデーと肩を並べる規模にまで成長。

平成27年のハロウィーンの市場規模が前年比11%増の約1220億円と推定されることが、一般社団法人日本記念日協会への取材で分かった。

18日、ルング大統領は集まった約5000人の国民を前に「神はわれわれの嘆きを聞き、われわれの罪をゆるしてくださる。

 この日に予定されていたサッカーの試合はすべて延期され、バーは午後6時までの閉店を命じられた。

輸出の大半を占める銅の価格が下がったのが主な要因だが、下落率は米経済通信社ブルームバーグ(Bloomberg)が動きを追う155通貨の中でも最悪となっている。

ザンビアの通貨クワチャは今年に入り、対ドルで45%も下落した。

そして必ず、この国を深刻な社会・経済危機から救ってくださる」と語り、さらに「優れたアイデア」を持つ者は名乗り出て政府を支援するよう呼び掛けた。

こうした事態を打開しようと、ルング大統領は前月、国を挙げて神に祈りをささげるよう命令していた。

ただ、オバマ氏は南シナ海問題などで中国が国際規範に違反した場合は、共に「声を上げることを期待する」と要請。

 朴氏は9月に中国が北京で開いた「抗日戦争勝利70年」の軍事パレードなどの行事に出席。

習氏と天安門城楼で並ぶなどして世界に緊密ぶりを印象付けた。

米国は主要同盟国である韓国にも対中けん制で役割を果たすよう強く求め、過度な中韓接近にくぎを刺した格好だ。

 だがその後「我々は第二次大戦後の国際規範によって利益を享受し」、それが弱体化することは「韓国を含む全ての国にとって良くない」と指摘し、中国が違反した場合には共同歩調を取るよう求めた。

オバマ米大統領は共同記者会見で韓国と中国の関係強化を支持し、韓国内では「中国傾斜論払拭(ふっしょく)」(聯合ニュース)との評価が出ている。

米国内では「一部の人々には神経に障るイメージ」(ワシントン・ポスト)との見方も出て、韓国の「中国傾斜論」に拍車がかかった。

さらに「もし朴氏が(中国国家主席の)習近平氏と会えば、米国に問題が生じるとの見方があるが、おかしな話だ」と指摘した。

米ホワイトハウスで16日に開かれた米韓首脳会談は、韓国と中国の接近による米国の懸念を朴槿恵(パク・クネ)韓国大統領が取り除けるかが焦点の一つだった。

 オバマ氏は韓国側の記者に「米韓関係に亀裂があるとの指摘をどう考えるか」と問われ「米韓関係は過去のどのときよりも強い」と反論。

カイロプラクティック 「Chiropractic」 は、脊椎矯正術の一つです。

カイロプラクティック(Chiropractic) の他にもオステオパシー (Osteopathy)・スポンディロセラピ-など脊椎矯正術があります。

アメリカ(米国)の治療家「ダニエル・デビッド・パーマー」(1845~1913) が体系づけられた。

病気神経系の機能の障害から発症するとの哲学に基づいて、身体、主に椎骨の指圧で神経の機能の回復をはかろうとする治療です。

19 世紀に米国で創始した神経機能に対する治療法

脊椎(椎骨)の歪(ひず)みを整え、神経の機能を改善させ、各組織や器官の不調を正常に整える

「カイロプラクティック」 (Chiropractic) は、筋肉骨格系の障害とそれらが及ぼす体への影響を診断、治療、予防するスペシャリストであり、関節矯正もしくは背骨のマニピュレーション(調整)を含む徒手を特徴とし、特に椎骨の少しのズレ(神経系の働きを妨げ生理学的変化を起こす因子)に注目する施術です。

ざっくり言えば…の歪み、特に骨格(背骨)の不整列を手や矯正器具によって整復することによって神経の機能の働きを治療する施術法

すなわち人間のを制御するのは脳につながっている神経系で、神経細胞の働きが良くなれば自然に身体は症状の減少とともに健康になる訳です。

ヘルスケア・システムの中の背骨ヘルスケアのプロフェッショナルです。

神経筋骨格系の機能、健康そして生活の質を向上させる機能を有する。

最新の研究と臨床に基づいて、特に脊椎(背骨)と神経系の関係を重視しながら治療、診断、検査に専門的なアプローチをする。

手技、運動、患者教育など含みながら、特にアジャストメントをする教育を受けた専門職です。

カイロプラクティック(脊椎指圧療法)では病歴を訊き、姿勢分析など各種検査をします。

体のバランスを全体的に判断して施術の方法を組み立てて症状や体の特徴に合った施術のカイロプラクティック・テクニックを利用します。

京都の茶製造やコーヒー卸などの企業が、ロシアに相次ぎ進出している。

ロシア語のホームページを設けて通信販売を行ってきたが、取引量の拡大を目指す。

今春、サンクトペテルブルクに日本茶専門店を初めて開設したのは、福寿園(木津川市)。

田宮正康社長は「日本製品の安全性は現地でも有名で、少しずつ魅力を浸透させたい」と期待する。

紅茶の愛飲家が多いため、店舗展開や輸出を通じて販路を開拓する狙いがあり、巨大市場に熱い視線を注ぐ。

極東を足がかりにシベリアにも進出したい」(総合開発部)と意気込む。

20~40代の若い客が多いのが日本との違いといい、「入れ方から丁寧に説明し、茶文化を根付かせたい」(広報担当)と話し、試飲販売に力を入れている。

現地の取扱店で挽き方や抽出を指導中で「紅茶に代わるホットドリンクとして需要が見込める。

 日本茶をアピールするため、抹茶を使ったチョコレートの菓子も合わせて販売する。

コーヒー焙煎(ばいせん)卸の小川珈琲(京都市右京区)は、ウラジオストクのスーパーや喫茶店から依頼を受け、昨夏から豆の輸出を始めた。

舞鶴港(舞鶴市)を経由するロシアとの定期便の運航開始を受け、京都府も進出を後押ししている。

 茶製造販売、舞妓の茶本舗(京田辺市)は、年内にウラジオストクの高級スーパー向けに抹茶と玄米をブレンドしたティーバッグの輸出に乗り出す。

大阪市のテーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の運営会社は、11月から不正転売されたチケットを無効にすると発表した。

インターネット上のオークションでは、USJの人気アトラクションの待ち時間を短縮できる「エクスプレス・パス」などが高値で売買されており、運営会社は監視チームを作り、転売の撲滅を目指す。

転売を目的にインターネットで購入されたチケットは、同一人物が販売開始直後に数百枚を買うなど不審な点がある。

監視チームが購入履歴やインターネット・オークションなどをチェックし、転売を確認できたチケットは使えないようにする。

規定で転売は禁止されているが、年約10億円分のチケットが転売されており、正規価格の7倍で取引された例もあったという。

チケットには番号が付けられていることから特定も可能。

運営会社によると、エクスプレス・パスやパレードなどを特別席で鑑賞できるチケットの転売は、昨年7月に「ハリー・ポッター」エリアがオープンしたころから増加。

また、有力企業に小さな企業がカルテルへの参加を強要された場合などは、課徴金を減免する措置なども想定されている。

カルテルや私的独占など独占禁止法違反が認定された企業について、公正取引委員会が、調査への協力度などに応じて課徴金の額を公取委の裁量で増減できる「裁量型課徴金制度」の導入を検討していることが15日、関係者への取材で分かった。

法改正をめぐっては、市場秩序を向上させる効果が期待される一方、公取委に強い裁量権を与えることへの妥当性についての議論も予想される。

 これまでは、課徴金額は機械的に決められたため、企業にとって調査に協力するメリットが小さく、不正の実態解明の障壁になっていた。

新たな“裁量型”では、違反と認定された企業が公取委から求められた資料を全て提出した場合に、算定率を10%から8%に下げる例や、逆に提出を全て拒んだ企業には算定率を高めるケースなどが想定される。

公取委は独禁法改正案の提出を目指し、原案作成を進めている。

調査協力した企業に“見返り”を与えて実態解明を容易にし、違反の抑止力を高める狙いがある。

 現在の制度は、不正に関連した売上高に一定の算定率をかけた額を課徴金とし国庫納付を命じている。

お得感のあるメニューを前面に打ち出す「新・おてごろ宣言!」と銘打ち、サラ・カサノバ社長兼最高経営責任者(CEO)が「新時代を切り開きたい」と期待を込めた。

 昨年7月に発覚した期限切れ鶏肉問題から業績が急速に悪化した日本マクドナルドは今年4月、業績回復に向けた中長期の取り組み「リカバリープラン」を発表した。

業績悪化に歯止めがかかったとは言えない状況だ。

100%のビーフやポークのパテ、タマゴやチーズ、野菜などの具材を使ってボリューム感を増した。

8月の既存店の売上高は前年同月比2.8%増となり、19カ月ぶりにプラスに転じたものの、客数は9月まで29カ月連続の前年割れが続いている。

「29カ月連続で客数が前年割れしているが、増えるのはいつか」と問われると、カサノバ社長は、「なるべく早い時期にプラスにしたい。

 昨年10月から平日のランチ時(10時半~14時)に実施していた各種バーガーとポテト、ドリンクを3種の価格帯(350円・450円・550円)で割引販売する「昼マック」は、「おてごろセット」の導入に伴い、10月23日で終了する。

3種のバーガーは「エッグチーズ」「バーベキューポーク」「ハムレタス」。

また、「1年前に始めた昼マックの終了は、客に迷走という印象を与えるのではないか」との質問に対しては、「朝食時間をのぞき、曜日と時間に関係なく、いつでもお手ごろ価格を提供できる」と新メニューに自信を見せた。

 このため、期限切れ鶏肉問題から1年3カ月たったいま、500円の「おてごろセット」で失った顧客を取り戻す狙いだ。

 だが、日本マクドナルドホールディングスが8月に発表した2015年6月中間決算は、最終(当期)損益が262億円の損失で、01年の上場以降、最大の赤字を記録。

お客の反応を見る必要はあるが(回復への)自信はある」と答えるにとどまった。

カラフルでポップ感のある包装紙のほか、「エグチ」「バベポ」「ハムタス」のニックネームをそれぞれ名付けるなど客を呼び込むための親しみやすさを打ち出した。

期限切れ鶏肉問題の影響で悪化した業績回復を目指すリカバリープランの一環。

会見の質疑では、業績を踏まえた厳しい質問が相次いだ。

次世代技術の開発をめぐっては、トヨタ自動車が9月に米マサチューセッツ工科大(MIT)やスタンフォード大と人工知能の研究で連携すると発表。

2013年から共同開発する燃料電池車(FCV)に加え、人工知能などIT(情報技術)や自動運転が検討対象とみられる。

両社はすでに対象拡大の協議に入った。

ホンダが米ゼネラル・モーターズ(GM)との共同開発の拡大を検討していることが16日、分かった。

両社の技術を融合して次世代技術の開発競争をリードしたい考えだ。

技術開発には長期間を要することから、早期に対象拡大の検討を始める。

FCVでの協力が円滑に進んでいることから、技術の相乗効果や開発投資の低減が見込めると判断したもようだ。

日産自動車も1月にアメリカ航空宇宙局(NASA)と自動運転の共同研究を始めるなど開発競争が激化している。

 ホンダは来年3月までに独自開発のFCVを発売するが、20年にGMと共同開発する燃料電池や水素貯蔵システムの搭載車をそれぞれのブランドで発売する予定。

カイロプラクティック

カイロプラクティック(脊椎矯正療法)とは1895年に米国(アメリカ)の「ダニエル・デビッド・パーマー」により創られた治療法

カイロプラクティックのと呼ばれるようになったのは、ギリシャ語で「カイロ」は「手」、「プラクティック」は「技」を意味する新しく作られた言葉。

WHOでは補完代替医療に位置づけている。

発明国の米国や、イギリス、カナダ、オーストラリア、EU諸国などの一部の国は主に筋肉・骨格の障害を扱う背骨ヘルスケアの専門家として法制化されている。

WHOの定義では、「筋肉骨格系の障害とそれが与える健康全般への影響を診断・治療・予防する専門家である。

治療は手技による関節アジャストもしくは背骨マニピュレーションを特色として脊椎の歪みに注目している」。

カイロプラクティック(背骨矯正術)の定義は、いろいろな協会や教育機関によって異なる時も多い。

また、病気症状原因が脊椎などの関節(運動分節)の構造的、機能的な異常(サブラクセーション)にあると考え、そしてそのズレ(サブラクセーション)を手や器具により矯正することで痛みやシビレを施術することがカイロプラクティック(脊椎指圧療法)という考えを持っている人々がいます。

例を上げれば米国カイロプラクティック協会が定めるカイロプラクティック(脊椎矯正法)とは骨格と神経系疾患に専門化した施術とされている。

カイロプラクティック治療者薬物、外科的手術はすることなしに、オリジナルの手技による矯正を治療方法の主な手段として、検査、診断施術を行っている。

カイロプラクティック治療者は広範囲の診断知識を持ち、治療法に加え、理学療法やリハビリ、栄養・食事指導生活の指導も行っている。

2015年10月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Okada Chiropractic