生まれる前から決まっている? 生まれてくる子供の一生を左右するある要因とは

子供を授かる際、生まれてくる赤ん坊が男の子か女の子か、というのは、
通常であれば等しく50%ずつである、と考えられるのが常だ。

しかし、実際にはそうではない。
特定の条件下では、その出生率に偏りが生まれることがあるのである。

母体となる母親が、ストレスを感じるような状況にあり、
かつ体内にいる赤ん坊が男の子である場合、
女の子よりも生まれてくるのが難しいことがわかっている。
ここでいうストレスとは、身近な出来事に起因する軽微なものの積み重ねから、
歴史的な出来事によるストレスまで、様々なものを指す。

こうした男女比率の違いについては、
科学者は長い間様々な調査を通じて事実として受け止めてきたが、
その理由としてははっきりとはわかっていなかった。

ありえそうな説明としては、生物学的に、
母体がストレスを感じている状態ということは子育てが難しい状態であるということで、
そうした中では雄を産むよりも雌を産む方が子孫を残す上では都合がよいのではないか、
といったものである。

最近、これを裏付ける調査も行われた。
つまり、母体がストレスを感じている状態で生まれた雄は、
“産むに値すると本能が感じた”雄と言えるのではないか、ということである。
そのため、長期間にわたる調査を経て、
社会情勢などによって母体がストレスを感じていたと思われる年に生まれた男性児は、
成長後、より多くの子宝に恵まれていることが発覚した。
言い換えれば、生物として非常に強い個体であったということができるのである。

そしてこれは、胎児の頃に
母親がどのような状況にあったか(どの程度ストレスにさらされたか)ということが、
その子供の人生をある程度左右しているということもできる、 と研究者はいう。

元の記事:Science

骨盤矯正

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です