英科学者が寿命について大胆予測「今後25年で1000歳まで生きられるようになる!」

その昔から、不老不死は人類の夢である。世界各国の古い文書に、生命の永遠を夢見たさまざまな物語が記されている。そのようなことは現実的に可能なのだろうか?

英国の科学者が寿命に関して、大胆の予測を立てている。それは今後、150歳の誕生日を迎える人が大勢現れ、25年先には1000歳まで生きることも可能のなるとしているのだ。

こ の予測は、老化の戦略的予防を考える「Strategies for Engineered Negligible Senescence(SENS)」のオブリー・デ・グレイ博士によるものだ。彼は老化防止や若返りの権威であり、過去に寿命に関する発表を多数行ってお り、学会でもその名を知られている。

彼によれば、「今後、およそ25年以内に、医学は老化に対して決定的なレベルに達する」という。世界 中の多くの伝染病の治療法が発見され、医学と疾病との闘いは終わると予測している。そのうえで、細胞レベルでのダメージの蓄積を修復し続けていれば、長寿 は夢ではなくなる、寿命1000歳も夢ではないと結論付けているのだ。

実際のところ、世界の平均寿命は毎年3カ月ずる更新されており、他の専門家の予測では、2030年には100歳以上が世界中で100万人に到達するものと見られている。

しかしこの予測に、反発する科学者もいる。発展途上の国々ではいまだに病気の治療技術の普及が進んでおらず、グレイ博士の予測が短絡的なものと指摘している。また高齢になればなるほど、体力が衰え、不健康な状態になるのではないかとの意見もある。

これに対して博士は、「老化のプロセスから見れば、継続的な医療メンテナンスを続けている限り、健康は維持され続ける」と反論している。

夢のような話ではあるが、仮に1000歳まで生きられた場合には、予想外の事態が発生するかもしれない。たとえば定年退職は何歳になるのか? 年金は何歳から受給するべきなのか? いずれにしても、今後の研究発表が気になるところだ。

参照 http://news.biglobe.ne.jp/trend/0706/rct_110706_7448853403.html

肩凝り

「肥満でも健康」は一時的な状態、英研究

【1月6日 AFP】肥満と診断された人で健康状態が良好な場合、それは一時的なものであることが多く、時を経るにつれて状態が低下する可能性が高いとした研究論文が、5日の米国心臓病学会誌「Journal of the American College of Cardiology」に掲載された。 ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ(University College London、UCL)の研究チームは、2500人以上を対象に、この種の調査としては過去最長規模となる20年間の追跡調査を行い、過体重の人は痩せている人に比べ、心臓発作や脳卒中、特定種のがんなどを発症するリスクが月日を経るごとに高まるとした従来説を裏付ける結果が出たとしている。

 研究では「肥満でも健康」の状態について、高血圧や高コレステロールではなく、また糖尿病といった代謝系のリスク要因もない状態と定義された。

研究では、39~62歳までの男女2521人を対象に、体格指数(BMI)やコレステロール、血圧、空腹時血糖値、インスリン抵抗性の測定を行った。

 このうち、初期段階で肥満とされた対象者は181人で、うち66人は「肥満でも健康」とされた。

 しかし20年の研究期間中に、これらの健康な肥満とされた人の約半数の健康状態が低下した。また、肥満とされた人のうち、期間中に減量して標準的な体重になった人の割合は11%にとどまった。

論文の主執筆者であるジョシュア・ベル(Joshua Bell) 氏は、「時を経ても健康状態が安定しているということが『肥満でも健康』の大前提だった。しかしこの研究を通じて、健康な肥満の成人は、長い年月の間に不 健康になる傾向があることが分かった。私たちの20年にわたる研究では、およそ半数がこのケースに当てはまった」と述べ、「『肥満でも健康』とは、疾病リ スクとの深刻な関係にある危険性の高い状態だ」と指摘した。

 また「肥満でも健康は、時を経ても安定している場合に限り有効だ。われわれの研究結果は、それが一時的なものに過ぎないケースが多いことを示している」と続けた。(c)AFP

参照 http://www.afpbb.com/articles/-/3035740

頭痛

がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 米研究

■幹細胞の分裂

 がんを新たな観点から考察することを目指した研究チームは、一生の間に人間の幹細胞が平均でどれだけ分裂するかを調べるため、関連する科学文献を調査した。

 この自己再生プロセスは体内で自然発生し、特定の臓器で次々に死んでいく細胞を補う助けになる。だが、変異として知られるランダムな誤りが幹細胞で生じると、がんが発生する場合があることは長年、研究で明らかになっていた。

 今回の研究では、このプロセスに起因するがんがどの程度の頻度で発生するかを、家族歴や環境的要因と比較対照する試みを初めて実施。その結果、研究の対象とした31の組織で発生する約22種のがんは、ランダムな変異に原因をさかのぼることができることが判明した。

 その他の9種をめぐっては「変異の『不運』で予測されるよりも発生率が高く、変異の不運と環境的または遺伝的な要因との相乗効果に起因するものと思われる」と同大は指摘している。

 この9種には、遺伝性のがんとして知られている一部のがんに加え、喫煙や日光にさらされることに影響される肺がんと皮膚がんが含まれている。

 この研究結果が意味することは、がんの早期発見とがんの拡散につながる有害な偶然事象を事前に検出するための研究に、さらに重点的に取り組む必要があるということだ。

 ジョンズホプキンス大の医学部とブルームバーグ公衆衛生学部(Bloomberg School of Public Health)に所属する生物数学者、クリスチャン・トマセッティ(Cristian Tomasetti)助教は「生活様式や生活習慣を変えることは、ある種のがんを回避するのに大きな助けになるが、その他の多種多様ながんに対しては、これは同様に有効とはいえないかもしれない」と話す。

「その種のがんを早期に、治癒可能な段階で発見する方法の探究に対して、さらに多くの資源を投入するべきだ」

 論文の執筆者らによると、乳がんと前立腺がんが今回の研究対象から除外された理由は、人体のこれらの領域で起きる幹細胞分裂の速度に関して、信頼性のあるデータが科学文献に示されていなかったためだという。(c)AFP

参照 http://www.afpbb.com/articles/-/3035527?page=2

腰痛


がんの原因、遺伝や環境でなく「不運」が大半 米研究

【1月2日 AFP】がんは、家族歴や環境的要因ではなく、細胞分裂時に起きるランダムな変異の「不運」に見舞われることによって発生する場合が多くを占めるとの研究論文が、2日の米科学誌サイエンス(Science)に発表された。 米ジョンズ・ホプキンス大学(Johns Hopkins University)の研究チームが主導した今回の研究は、さまざまなヒト組織に発生する多様ながんを含めた統計モデルに基づくものだ。

 ただし、女性で最も患者数の多いがんの乳がんと、男性で皮膚がんに次いで最も患者数の多いがんの前立腺がんは、今回のモデルには含まれていない。

 研究チームが評価対象とした成人がんのうちの約3分の2は、腫瘍の成長を促す遺伝子で起きるランダムな変異で原因を説明できる一方、残りの3分の1は、環境的要因や親から受け継いだ遺伝子に起因するものだった。

論文執筆者のジョンズ・ホプキンス大医学部のバート・ボーゲルスタイン(Bert Vogelstein) 教授(腫瘍学)は「今回の研究結果が示していることは、喫煙や他の好ましくない生活要因によってがんになるリスクがさらに増す恐れがあることだ」としなが ら、「だが多くの種類のがんは、生活要因や遺伝要因の有無に関係なく、がん促進遺伝子に変異が起きるという不運に主に起因している」と続けた。

 長年にわたって喫煙していたり、日光を大量に浴びていたりしているにもかかわらず、がんにならずに長生きしている人々は「優れた遺伝子」を持っているわけではなく、「その大半は、ただ運が良いだけというのが実際のところだ」と同氏は説明した。

参照 http://www.afpbb.com/articles/-/3035527?act=all

整体

以下のような症状でお悩みでしたら、ぜひご相談ください。
頭 痛、腰痛、肩凝り(肩こり)、背中の痛み、五十肩、肘の痛み、手首の痛み、手の痛 み、股関節の痛み、膝の痛み、脛の痛み、足首の痛み、脚の痺れ(脚のしびれ)、急性腰痛、慢性腰痛、ぎっくり腰、首の痛み、寝違え、更年期障害、寝つきが 悪い、眠りが浅い、スポーツ障害、疲労回復、疲れ、事故の後遺症、ムチウチ、眼精疲労、冷え性、神経痛、疼痛、手足の痛み、手足の痺れ(手足のしびれ)、 関節痛、骨盤の歪み、姿勢矯正、猫背矯正、便秘、O脚矯正、X脚矯正、

「マップ(地図)」 「営業時間・料金・予約方法」

岡田カイロプラクティック浜松整体院

〒430-0816 静岡県浜松市南区参野町225-1

TEL.053-462-9923

「友達の数で寿命は決まる」

『友達の数で寿命は決まる』とは、なんとも気になるタイトルではないか。友達が少ない私のような人間は長生きができないのか?そんな不安からこの本を手にとった。どうやら人間関係というのは、人々が思っている以上に健康に大きな影響を与えているようだ。

今年ブームとなったアドラーは「人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである」と断言していた。対人関係は悩みだけでなく、人の寿命にも影響しているというのはいったいどういうことだろうか。食生活や、運動よりも健康にとって大切なのは「つながり」なんだそうだ。

最新の予防医学が実証した「つながり」のちからには以下の様なものがある。

・ 「つながり」が少ない人は死亡率が2倍になる。
・ 同僚があなたの寿命を決めている
・ 「つながり」が単調な男子校出身者は早死する。
・ お見舞いに来てくれる人の数で余命が変わる。

これらはすべてビッグデータを分析して割りだされたものだ。メタアナリシス(メタ解析)を元に、20世紀と21世紀に行われた148の研究(約30 万人分のデータ)から、一番寿命に影響を与えているものはなにかを調べたところ、喫煙や飲酒、運動や肥満よりも「つながり」が一番重要だということがわ かったそうだ。孤独は喫煙よりも健康に悪いのだ。

またこんなデータもある。急性心筋梗塞の治療を受けた人を対象にお見舞いに来てくれる人の数と、6か月以内の死亡率を調べた結果、誰もお見舞いに来 てくれない患者の70%が亡くなったのに対し、2人以上お見舞いに来てくれた人の死亡率は26%にとどまったそうだ。これは臨床医の間ではよく知られてい る事実で、お見舞いに来てくれる人がいない患者は予後が悪いケースが多いという。自分が入院したときに2人以上お見舞いに来てくれるだろうか?と考えたと き、思い当たる人がいない人は要注意である。

介護に関する話も興味深い。男性の場合、息子の嫁に介護されると亡くなる確率が低くなるそうだ。逆に嫁に介護されると寿命が短くなるというから恐ろ しい。女性の場合は夫に介護されるのが一番長生きで、息子の嫁に介護されると寿命が短くなるという。詳しい理由はよくわかっていないとのことだが、統計 データからはこのような結果がでているので、もし自分に介護が必要になったときは、参考にした方がいいだろう。

ではどのようなつながりをもつのが健康にはいいのだろうか?著者は質よりも量を重視すべきだといっている。いまあるつながりをメンテナンスしてキー プすることはもちろんのこと、趣味やボランティアなどで多種多様なつながりをもつといいそうだ。コミュニティに入る場合はなんらかの責任のある立場で参加 するとよりよいという。

男性は女性に比べるとつながりを作るのが下手である。もしかするとそれが、男女間の寿命の差になっているのかもしれないとこの本を読んで思った。統計から割りだされている嘘みたいな本当の話。信じるも信じないもあなた次第。

参照 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/41639

カイロプラクティック

エボラウイルス

 12月30日付で「EMBO Molecular Medicine」誌が掲載した論文によると、2014年のエボラの流行がいかにして始まったのかについて、意外なシナリオが浮上している。最初の犠牲者となった子どもは、昆虫を餌とする小型のコウモリから感染したのではないかというのだ。

 エボラ出血熱は、動物原性感染症である。ウイルスは人間以外の動物(保有宿主)に、普段は害を与えることなくひそかにすみつき、ごくまれに人間に感染して症状を引き起こす。

 これまでは、比較的サイズが大きく肉づきの良いオオコウモリが宿主ではないかと疑われることが多かったが、はっきり特定された動物はいない。宿主を特定する方法は、疑われる動物の組織や血液を採取してウイルスを培養するというものだが、オオコウモリでもほかの動物でも、これで証明されたケースはない。ウイルスは今も野放しの状態で、熱帯アフリカのどこかに人知れずひっそりと生息している。

感染例が2万件近くに上り、これまで7708人の死者を出している2014年のエボラの流行は、1年あまり前にギニアの南東部でひそかに始まった。3月にアウトブレイク(爆発的な感染)のニュースが世界中に広まると、それから数週間のうちに、ベルリンにあるロベルト・コッホ研究所のファビアン・リーンデルツ医師は、各分野から集められた専門家によるチームを結成し、リベリアとコートジボワールの国境に近い感染地域へ入った。チームには、生態学者から獣医、地元住民に話を聞くための人類学者まで含まれていた。

 専門家チームは、最初に人間への感染が確認されたギニアにあるメリアンドウという村に注目した。ここに8日間滞在し、生存者からの証言を集め、捕まえたコウモリの血液や組織などのサンプルを採取した。これらのデータを分析した結果、チームは新たな仮説を立てた。おそらく保有宿主はコウモリだと思われるが、オオコウモリではなく、人間と何らかの接触の機会をもった別の種である可能性が高いという。

 オオコウモリは、ギニア南東部に多く生息しているが、メリアンドウ村の近くではあまり見かけない。一方で村には、小型の食虫性コウモリが数多く生息する。人家の軒下や木のほらなど自然の穴にすみつくこのコウモリを、地元住民は「ロリベロ」と呼んでいる。研究報告によると、村の子どもたちはよくこのコウモリを捕まえて、たき火で焼いて食べているという。

 専門家らは、もう一つの手がかりも発見した。中が空洞になっている大木である。最近になってこの大木は燃やされたが、そのとき雨が降るかのようにコウモリの大群が飛び出してきたという。リーンデルツ氏のチームがこの木の根元から土壌サンプルを採取してみると、オヒキコウモリのものとみられるDNAの痕跡が見つかった。このコウモリは、村人たちが語るロリベロの描写と一致する。さらに、問題の大木は村の子どもたちのお気に入りの遊び場で、最初にエボラ出血熱の犠牲者となった男の子も、よくここで遊んでいたそうだ。

 こうした状況証拠の数々は、メリアンドウ村の男の子がオヒキコウモリに接触したことで2014年にエボラの流行が始まった可能性を示唆している。このコウモリがエボラウイルスへの抗体をもっていることはわかっているが、サンプル数がごくわずかで、抗体も重要な証拠とみなされず、宿主の有力候補からは外されていた。しかし今後、さらに多くのデータが集められてウイルスとコウモリとの強い関連性が見つかれば、それも変わるかもしれない。

カイロプラクティック