整体と背骨矯正

てもみ . もみほぐし . マッサージ .
8までNO.1
腰痛とは?。

腰痛(ようつう)とは、腰の処に疼痛、発赤などを感じる様態を指す用語。

NO.2
世界の腰痛事情。

地域によって学会の方針文化や生活様式や仕来たりが異なっても腰(こし)の症状の発症する確立は大体同じである。

WHOの著述はこのように述べられている。

「腰(こし)の症状の発症の頻度や有病割合は、それぞれの国の至る所でおおよそ一定である。

腰の病気は世界中で休業する理由の一番である」。

NO.3
姿勢による腰痛の予防。

腰部の疾病の痛みの原因は日常の姿勢にあると昭和51年のナッケムソンの発言以降、欧州では作業中・家事などの予防が行われている。

NO.4
急性腰痛のガイドラインんでは…。

2004年の欧州ヨーロッパ委員会の腰部の痛み診療ガイドラインによれば、欧州での腰の痛みの一生涯罹患率は84%で、有病率は23%であります。

NO.5
米国での腰痛事情。

米国おいては、多くの患者の腰の疾患は、要因を診断できない非特異的腰痛である。

この原因に関して、ナッケムソンは明快なアカデミーの問題点を示唆しています。

米国では腰部の疾病により12ヶ月間に日本円に換算して1000億円以上が失われているとされています。

NO.6
日本の腰痛事情。

日本でも腰部の疾病が自覚症状のある患者の比率で一番(もっとも多い症状)で、わが国民の8割強が一生涯において腰部(ようぶ)の痛みを体験されています。

多くの人々は腰の疼痛を訴えているが、エックス線やMRIで異常が見当たらないような事も珍しくありません。

要因が検知されたときもその箇所が腰の疾病の要因と言えない場合もあり、腰部(ようぶ)の症状の人の80パーセントは病変部分の特定されていない(非特異的腰痛)。

「もみほぐし」と「寝違い」 .
肩凝り(肩こり)と整骨院 .
腰痛(腰の痛み)を改善する .
マッサージと慢性腰痛 .
腰部椎間板ヘルニアとマッサージ .
脚の痛み・脚の痺れ(シビレ)を治す .
O脚(オーキャク)は治る .

2016年8月5日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Okada Chiropractic