脊椎・骨盤矯正とカイロプラクティック

整体 ・ 姿勢 ・ みるい熊

整体

整体は、日本では主に手技を使った民間療法代替医療を指す言葉。

また肉体を整える施術法全てに対して使われる言葉です。

日本語として大正時代に使用されるようになった用語で、アメリカ(米国)で誕生した療法・整骨医術を整体(せいたい)と訳したのが始まりのようです。

今普通にもちいられる意味ではカイロプラクティック(脊椎矯正療法)に似ている骨格矯正(主に背骨)を目的とした施術法を指してもちいられるケースが多い。

脊椎・骨盤・四肢など、からだ全体の骨格や関節の歪みの矯正、骨格筋の調整を、手を使った手技と補助器具でおこなう治療およびその行為を示しているという人もいるが統一された体系はない。

手技的治療により様々な病状を治すことを目的とする治療法はマニピュレーションと総称されるが、この代表ともいえるものがカイロプラクティック Chiropractic とオステオパシー (Osteopathy)である。

自然治癒力を高めることと手技が施術の中心であるという共通部分があるが、治療哲学やアプローチの方法は違っています。

どちらも19世紀後半に米国(アメリカ)で体系づけられた施術(せじゅつ)であります。

「カイロプラクティック」は脊椎関節の「サブラクセーション」(亜脱臼、不全脱臼)を徒手療法によって矯正「アジャストメント」することにより、身体を回復しようとする施術方法(せじゅつほうほう)。

オステオパシー (Osteopathy)は、肉体の構造的な異常は体液の循環に悪影響を及ぼし、神経の伝達や内分泌、血液やリンパ液の循環を妨害すると考え、脊柱だけでなくすべての筋肉繊維や骨格、内臓、頭蓋骨が療法の対象とします。

脳髄液の流れの回復やリンパ液の循環の回復も目的としています。

カイロプラクティック(脊椎矯正法)オステオパシー (Osteopathy)の論理・技術は整体や指圧といった日本の手技療法に大きな影響を与えた。

整体に定められたやり方はなく、やる人により行うことは異なる。

大正時代伝わった「オステオパシー」やカイロプラクティックなど西洋伝来の徒手療法を中心とする整体、日本古来の格闘術の柔術(じゅうじゅつ)や骨法(こっぽう)などの流派に伝承される徒手矯正を使った整体、中医学の徒手矯正を使った整体(せいたい)、団体の独特の治療法などを加えた整体(せいたい)などが存在するともいわれる。

民間療法であり、医療制度から見て補完代替医療の一つですが、保険の適応外ですので、通常の医療と共に一般の医療現場で補助療法として行われることはない。

法制度からは医業類似行為の一種とされています。

「整体術」・「整体法」・「整体療法」 とも呼ばれる。

明治頃に現れた民間療法で、指圧、カイロプラクティック(背骨矯正術)、「オステオパシー」、光線療法、電気治療などの方法で病気回復の目的で業をなすことを「療術(りょうじゅつ)」というが、整体もこの一種とされています 。

整体(せいたい)は、理論・技術共に統一されていないため、整体を冠する療法家それぞれが、自論を展開しています。

カイロプラクティック(背骨矯正術)のような「科学的」・物理的治療と、中国医学・漢方医学の経絡理論・通常医療で普通に使われる「内臓体壁反射(ないぞうたいへきはんしゃ)」などの論理の寄せ集めとなっている。

体全体の骨格を形作る関節(背骨・骨盤(こつばん)・肩甲骨(けんこうこつ)・四肢・等)の歪み(ゆがみ)・ズレの補正と筋肉のアンバランスの補正などを主に手を使った矯正方法(矯正器具を使うことも)で行う施術である。