脊椎矯正と手技療法

ブログ ブログ カイロプラクティック

ビットコイン取引所の最大手だったマウントゴックスの経営破綻(はたん)では、元経営者が利用者のコインを横領していた疑いがある。

銀行や証券会社には、顧客から預かったお金などを自社の資産と分けて管理しなければならない規制があるが、仮想通貨は対象外だった。

仮想通貨への法規制は初めてで、来年の通常国会への法案提出を目指す。

金融庁は25日、「ビットコイン」などの仮想通貨の利用者を守るため、取引所などの業者を規制する新法をつくる方針を固めた。

利用者から預かった仮想通貨を自社の持ち分と分けて管理し、監査法人などのチェックを受けるよう義務づける。

厚生労働省は25日、労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の雇用保険部会を開き、雇用保険法の改正に向けた検討案の一部を提示した。

65歳以上の高齢者を一定割合以上雇用する企業や、高齢者の健康管理制度を導入する企業への助成も検討する。

現在64歳までとなっている雇用保険の適用年齢の上限は、高齢者の就労の阻害要因になっており、上限撤廃には保険料の一部を負担する企業側も理解を示している。

高齢者の就労を促進するため雇用保険を65歳以上にも適用するほか、介護と仕事の両立を後押しするため介護休業を取得する人への給付金を増額する。

安倍政権が掲げる「1億総活躍社会」の実現に向け、厚労省は来年の通常国会に同法改正案を提出する方針。

イルヴァン容疑者もイスラム過激派の兵士とみられる画像を載せていた。

公安部によると2人は兄弟で、いずれも容疑を認めている。

逮捕容疑は9月9日、許可を受けずにライフルスコープ1個をインドネシアに向け、国際スピード郵便で輸出した疑い。

 公安部は、2人が直接テロ組織を支援していたわけではないとみているが、詳しい動機や思想的背景がなかったか解明を目指す。

デニ容疑者は自身のフェイスブックに国際テロ組織アルカイダ元指導者ウサマ・ビンラディン容疑者の動画を掲載。

インドネシア向けに銃に装着するライフルスコープを不正輸出したとして、警視庁公安部は25日、外為法違反容疑で、同国籍の工員デニ・ダニエル容疑者(40)=千葉市花見川区千種町=と会社員イルヴァン・アリザル容疑者(31)=東京都葛飾区奥戸=を逮捕した。

2度目の撤回はあり得ない。

有名デザイナーに限定した前回に比べ、今回は1万件を超す応募を見込む。

 リオ五輪後には本格的に「東京モード」に入るため象徴となるエンブレムは不可欠。

第1段階では応募要件に不備がないかなど基本的な条件をチェック。

いかに効率的な選考を行うかが課題で組織委は4段階の事前審査を行う方針だ。

最終段階では委員約15人が投票を行い、年内に100~200点に絞り込むというが、事前審査の期間は1カ月もない。

来夏のリオデジャネイロ五輪に間に合わせるには春までにデザインを決める必要があり、新エンブレムの選考作業は「時間との戦い」になっている。

その後、公序良俗に反するものや、明らかに著作権を侵害するものなどをふるい落とす。

前回の反省を踏まえ、国民の意見を反映させる方針は示されたものの、なお具体策は定まっておらず、課題を抱えたままのスタートとなった。

デザインの審査は第3段階からで、委員と外部デザイナーが2グループに分かれ、象徴性や独創性などをチェック。

 旧エンブレムが白紙撤回されてから約3カ月。

エンブレム委は同じ轍(てつ)を踏まないよう「最終選考までに国民投票のようなものができないか検討する」としているが、結論は出ないままで、実現するかはなお不透明だ。

さらに、多くの委員は「物価目標の早期実現のために必要があれば、躊躇(ちゅうちょ)なく政策調整すべきだ」と発言。

会合では金融政策を決める9人の政策委員のうち、「必要があれば追加金融緩和すべきだ」という“積極派”と、「2%の物価目標は中長期的に目指すべきだ」とする“慎重派”の対立が深刻化している実態が浮かび上がった。

一方、佐藤健裕審議委員と木内登英審議委員は、「29年度までに2%に達しない」と表明して柔軟な政策運営を求めるなど、追加緩和には極めて慎重だ。

議事要旨によると、委員全員が、今後の物価見通しについて「下振れリスクが大きい」との認識を共有した。

第一生命経済研究所の熊野英生氏は「目標の早期実現を放棄した」と批判した。

 日銀は25日、10月30日に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。

市場では同会合で日銀が追加緩和に踏み切るとの観測が広がっていたが、黒田東彦(はるひこ)総裁は記者会見で「いろいろ議論はあったが、具体的に追加緩和の提案はなかった」と説明した。

 ただ、日銀が同日の会合で2%の物価目標の達成時期を「平成28年度前半ごろ」から「28年度後半ごろ」に先送りしたのは「矛盾」と疑問視する声もあった。

 さらに、昨年10月の追加緩和に賛成した白井さゆり審議委員も25日の講演で、「現時点で対応を要するものではない」と市場の追加緩和論を牽制(けんせい)した。

SMBC日興証券の宮前耕也氏は「消費税再増税を後押しする切り札として温存している。

当面は様子見だが、市場に期待を持たせるためあえて議論した可能性もある」と分析した。

このうち1人は「追加緩和の手段に限りはない」と付け加えた。

旧村上ファンドの村上世彰元代表が、株価を意図的に下げるなど、相場操縦をした疑いで、証券取引等監視委員会が、強制調査に乗り出した。

こうした監視活動によって、相場操縦が疑われる、今回の動きを把握したという可能性がある。

ネットを介した取引では、取引データが残るため、市場を監視している証券取引等監視委員会は、怪しい値動きがあった際に、誰が株を売買したのか、それを把握することができる。

関係者によると、今回の相場操縦では、これまでに摘発されたことのない、新たな手口が使われているという情報がある。

そして、25日夜、長女の自宅から、証券取引等監視委員会の職員が出て行ったということで、強制調査が終了した可能性がある。

背景としては、現在の証券市場が、以前とは違って、大半がインターネットを介した取引になっていることが挙げられる。

ブログ
ブログ
カイロプラクティック